close

close

レシピ検索

食材からレシピを探す

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、
キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

『オレンジページ』に掲載しきれなかった商品裏話やWEB通販先行販売商品、キャンペーンのお知らせなど、ここでしか読めない情報を随時お届けしていきます!

頼れる包丁&シャープナーがここに! 料理ビギナーさんご注目♪

2021.04.08

新生活がスタートして、これから料理を始めるかたにおすすめのコンビがこちら。
「Cookingナイフ195mm」なる包丁と、


「Qシャープナー」なる包丁研ぎです。



●Cookingナイフ195mmの頼れるポイント
【1】「切る食材を選びません」



195mmって、サイズ細かく刻みますね~(包丁だけに?)と思ったかた。この19.5cmの絶妙な刃渡りが使い道が広がるポイントなんです! 

ふだん使いに便利な「三得包丁」と、かたまり肉やキャベツ1玉など大きめのものを切りやすい「牛刀」。この2つの包丁のよさをかけ合わせた設計で、野菜、肉・魚や、フルーツはもちろん、直径18㎝のケーキも上手に切れるんです♪ 食パン1斤も切りやすいので、ほかにパン切りナイフを用意する必要もありません。



●Cookingナイフ195mmの頼れるポイント
【2】「あらゆる部分で調理をサポート」



刃先はシャープで、トマトのへたをくり抜いたり、鶏肉の脂肪を取るときなど、小回り抜群。


「あご」と呼ばれる刃元は直角で、キャベツのしんに切り目を入れたり、じゃがいもの芽をくり抜くときに活躍します!


包丁の刃と反対側の部分は「背(みね)」といって、カクカクしているものも多いのですが、背の角が丸く加工しているので、人さし指を添えたときも痛くありません。


柄は短めで、握ったときのフィット感も◎。刃の硬度が高く、軽量ながらほどよく重みがあるので、ごぼうのささがきもスムーズ!

包丁って、軽すぎると手に余計な力が入って、逆に負担がかかるんですよね~(汗)。でも、この包丁ならそんな悩みは無用です!



●Qシャープナーの頼れるポイント
【1】「片手で研げる」



このシャープナー、なんと底面が吸盤式。中央のレバーを下げるだけで吸着し、作業台にしっかり固定できるので、片手でさっと研ぐことができます。




慣れないかたは研ぐのにドキドキすると思いますが、これならもう一方の手で押さえる必要がないので、けがをする怖さもありませんよ~!



●Qシャープナーの頼れるポイント
【2】「出しっぱなしにできる」



ころんと丸いフォルムが印象的で、モノトーンの色みと、コンパクトさも魅力。キッチンに出しっぱなしでも見た目を損なわず、場所もとりません!




料理の基本となる定番コンビ。高品質(Cookingナイフ195mmは安心の日本製!)で長く使えるので、これから料理を始めるかたにぜひ揃えていただきたいアイテムです♪


撮影/岡本真直 文/通販担当BB

SHARE

ARCHIVESこのカテゴリの他の記事

TOPICSあなたにオススメの記事

記事検索

SPECIAL TOPICS

オレンジページ 2021 5/2号

最新号

2021年4月16日発売

詳細・購入はこちら

バックナンバー

Fujisan.co.jp 雑誌のオンライン書店で定期購読をする


RECIPE RANKING 人気のレシピ

PRESENT プレゼント

応募期間 
4/6(火)~4/19(月)

オレンジページメンバーズ限定プレゼント

  • 健康
  • 暮らし