レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 健康&美容にいいと話題の「オイルおにぎり」とは?!
オレンジページ☆デイリー

2016.3.14

健康&美容にいいと話題の「オイルおにぎり」とは?!

油=太る、体に良くないというイメージがあったが、近年、「いい油」はむしろ健康&美容にすぐれた効果があることが明らかに!

管理栄養士・料理家の関口絢子先生によると、「いい油」は、主成分である「脂肪酸」によって、オメガ3系(あまに油、えごま油など)、オメガ6系(ごま油など)、オメガ9系(オリーブオイル、マカダミアナッツオイル、米油など)、飽和脂肪酸(ココナッツオイルなど)の4タイプに分かれるのだそう。こうした「いい油」には、いくつもの健康効果があるが、一例は次のとおり。

●あまに油→精神安定作用
●えごま油→花粉症などのアレルギーを緩和
●ごま油→脂肪燃焼・代謝アップ
●オリーブオイル→免疫力アップ
●マカダミアナッツオイル→肌のうるおいを守る
●米油→自律神経を整える
●ココナッツオイル→認知症予防

「いい油」の健康効果を得るには、毎日継続して取り続けることが大事。そこで関口先生がすすめるのが「オイルおにぎり」。ご飯1杯に対して、「いい油」を小さじ1/2~1を加え、好みの具を加えて握るだけ。主食であるご飯と組み合わせることで、「いい油」を無理なく継続してとることができる。ただご飯と混ぜるだけより、おにぎりにしたほうが、ご飯とよくなじみ、風味が凝縮してグンとおいしくなる。

とはいえ、「おにぎりとオイルって本当に合うの?」と最初は半信半疑……。そこで実際に作って食べてみたところ、いつものおにぎりにリッチなコクが加わって、新しいおいしさにびっくり! オリーブオイルやごま油を混ぜたご飯は素晴らしく香りがいい。そして、ご飯&ごま油に鮭の具は、まさに鉄板の組み合わせ。ご飯&オリーブオイルに塩昆布の具も、風味がよく合う。そして意外なことに、ご飯&ココナッツオイルにたらこの具も、新鮮なおいしさでハマった。

また、形状を変えれば〈オイルおにぎらず〉や棒状の〈スティックオイルおにぎらず〉に、すし飯にオイルを加えて刺身と合わせれば〈オイル寿司〉にと、アレンジも自在!

「オイルおにぎり」はさめても固くなりにくいので、お弁当や作り置きにもおすすめ。加えるオイルは少量なので、ベタつくことはない。気になるカロリーも1個あたり18.5~37kcal程度なので、太る心配もなし。

関口先生曰く「女性は美容効果、男性はメタボ改善効果、子どもやシニアは脳の活性化など、目的別にオイルを選んで、家族みんなで楽しんでほしいですね」。

新しい健康食として注目したい。

料理/関口絢子、撮影/飯貝拓司、文/編集部・今田
 

『体に「いい油」をおいしくとろう! オイルおにぎり 』(オレンジページ刊)より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ7/2号

オレンジページ7/2号

2019年6月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.11

おとなの健康 Vol.11

2019年5月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

家電100万円分プレゼント