レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. ピリリとさわやか♪ 何にでもつけたくなる「レモンこしょう」のレシピ教えます。
オレンジページ☆デイリー

2020.11.23

ピリリとさわやか♪ 何にでもつけたくなる「レモンこしょう」のレシピ教えます。

国産のレモンが出回り始める季節ですね。皮まで安心して使えるのが、うれしいところ。
そのレモンを使って、ぜひ作ってほしい保存食がこれ!「レモンこしょう」。


「ゆずこしょう」は有名ですが、レモンに替えて果汁を入れて作ると、よりさわやかな味わいの調味料になるんです。
季節の手仕事を気ままに楽しんでいる、料理家・ワタナベマキさんに教えてもらったレシピをご紹介。「作りたては香りが格別!」なうえ、材料も作り方もシンプルです!
 

材料(作りやすい分量)
レモン(国産) 2個
塩 10g(レモンの皮の重量の20%)
赤唐辛子 1本

作り方
【1】レモンと赤唐辛子を切る
レモンは包丁で皮を厚めにむく。皮の内側のわたをスプーンでざっとこそげ取り、みじん切りにする。赤唐辛子は熱湯に10分ほど浸して柔らかくし、水けを拭く。へたと種を取ってみじん切りにする。

【2】すり鉢でする
レモンの皮、赤唐辛子、塩をすり鉢に入れて、半分ほどの大きさになるまですり混ぜる。レモンの身1個を横半分に切り、果汁を絞ってすり鉢に加え、さらに5分ほどすり混ぜる。清潔な保存容器に入れる。(作ったものはすぐに食べてOK)

 

★冷蔵庫で1カ月ほど保存可能。冷凍すると退色しにくく、3カ月ほど保存可能に。
★ゆず2個(約300g)に替えて、同様に作れば「ゆずこしょう」に。

作ったレモンこしょうは、焼いた肉や揚げ物につけて食べたり、炒めものや煮物に入れたりするのはもちろん、ワタナベマキさんに教えてもらったのがこんな素敵な食べ方。


白身魚の刺身にオリーブオイルと混ぜてかけるだけで、彩りのよいマリネに。


ごま油と混ぜて、ゆでもやしとあえればさわやかな辛みのナムルに。


こんな感じで使いみちはいろいろ!
何にでもつけたくなっちゃう魔法の調味料「レモンこしょう」。冬の手仕事に、ぜひ作って楽しんでみて!


料理/ワタナベマキ 撮影/豊田朋子 スタイリング/深川あさり 文/編集部・堀部
(『オレンジページ』2020年12月2日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/17号

オレンジページ12/17号

2020年12月2日発売

詳細・購入はこちら

2021オレンジページCooking冬

2021オレンジページCooking冬

2020年11月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.17

おとなの健康Vol.17

2020年10月15日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジページ通販

ジュニア料理選手権スピンオフ