レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 焦げにくく、破れにくい『だしたっぷり卵焼き』のレシピ
オレンジページ☆デイリー

2020.10.8

焦げにくく、破れにくい『だしたっぷり卵焼き』のレシピ

だしがたっぷり入った卵焼きって、本当においしいですよね~!

でもでも、自分できれいに作るのは、至難の業……。

 

そこで今回は、樋口直哉さん直伝、焦げにくく、破れにくい『だしたっぷり卵焼き』のレシピをご紹介!

親切丁寧な解説つきなので、よ~く読んでトライしてくださいね♪

 

『だしたっぷり卵焼き』

材料(18×13cmの卵焼き器1個分)

卵……3個

 

〈味つけだし〉

だし汁……60ml

みりん……大さじ1

片栗粉……小さじ1

しょうゆ……小さじ1

 

大根おろし……適宜

サラダ油

 

【作り方】

(1)ボールに味つけだしの材料を入れ、よく混ぜる。別のボールに卵を割り入れ、空気が入らないように菜箸の先をボールの底につけたまま左右に動かして溶きほぐす。味つけだしを加えてさらに混ぜる。

【POINT】 卵に直接片栗粉を入れると溶けにくくなるので、だしで溶いてから卵と混ぜる。

 

(2)卵焼き器の内側全体にサラダ油を薄く塗り、強めの中火で熱する。菜箸の先に卵液をつけて卵焼き器をこすると、ジュッと音を立ててすぐ固まる程度まで温度を上げる。

【POINT】高温で加熱すれば、水分が水蒸気となって膨張し、ふっくら仕上がる。

 

(3)卵液の2/3量を流し入れる。まわりが少し固まってきたら四隅から中心に向かって菜箸を動かしながら混ぜ、全体が半熟状になったら奥に寄せる。残りの卵液の1/2量を手前に加え、卵焼き器を傾けて全体に広げ、奥に寄せた卵の下にも流し込む。

 

(4)奥に寄せた卵の横から菜箸を刺し込み、手前に倒し、再度奥に寄せる。残りの卵液も同様に焼いて取り出す。温かいうちに切って器に盛り、大根おろしを添える。

【POINT】菜箸を横から刺せば、卵をつかみやすく破れにくい。刺してできた穴はふさがるのでご安心を。

 

うん、ふっくら美しい!

どこへ出しても恥ずかしくない、立派な卵焼きの完成です。

ポイントは盛りだくさんだけど、おぼえてしまえば一生もの。

何度も何度も繰り返して、ぜひマスターしてくださいね。
 

焦げにくく、破れにくい『だしたっぷり卵焼き』、ぜひお試しあれ。

 

料理/樋口直哉 撮影/福尾美雪 文/編集部・持田

『オレンジページ』2020年10月17日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ11/2号

オレンジページ11/2号

2020年10月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.17

おとなの健康Vol.17

2020年10月15日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジページ通販

ジュニア料理選手権スピンオフ