レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 【編集マツコの 週末には、映画を。Vol.67】「パブリック 図書館の奇跡」
オレンジページ☆デイリー

2020.7.24

【編集マツコの 週末には、映画を。Vol.67】「パブリック 図書館の奇跡」


こんにちは。ふだんは雑誌『オレンジページ』で料理ページを担当している編集マツコです。
映画好きの中には本好きも多いと思います。僕もその一人なのですが、コロナ禍で困ったことのひとつが公共図書館の休館。資料本などを借りるためによく足を運ぶので、ちょっと不便でした。
多くの人にとって図書館は「本を借りる場所」だと思いますが、今回紹介する『パブリック 図書館の奇跡』を見ると、実は社会にとってもっと深い意味を持った場所だということが分かります。
アメリカのとある図書館。ホームレスたちが寒波から逃れるために、公共の場所に立てこもるという設定は、日本で起こってもおかしくない出来事。
コロナ禍の今、「公共」とは?「当事者」とは? 今考えなければならないテーマがぎゅぎゅっと詰まった一本です!


昨年の秋に大型台風が日本列島を襲った際、台東区の自主避難所を訪れたホームレスの方たちが受け入れを断られて物議をかもしたのは、記憶に新しいところ。こういう問題はすぐに白黒をつけるのが難しいですが、区の言い分としては「区民ではないから受け入れられない」というものでした。
この映画でも同じようなシーンが。図書館員である主人公のスチュアート(エミリオ・エステベス)が、以前体臭を理由に入館を拒否されたというホームレスの男性から訴えられちゃうんですね。体臭は主観的な問題だから、じゃあ香水がキツい人はどうなんだとか、線引きが難しい。とはいえ、10人中10人が気になる臭いを放置していいのか。様々な人が利用する場所だからこそ、最大公約数の利益を実現せねばならない図書館員の方々の苦労がよく分かります。
多くのホームレスたちが図書館の開館を待ちわびる姿は、なかなか衝撃的。舞台となるオハイオ州・シンシナティに大寒波が訪れた夜、彼らは命を守るために束となって図書館を占拠します。彼らに対して常に友好的に接してきたスチュアートですが、占拠となると話は別。悩んだ挙句、彼らと行動を共にすることを決意するのです。


この映画の原題は『The Public(=公共)』。もともと「公共」という概念はヨーロッパで生まれたものらしいですが、日本ではどちらかというと「公」の意味合いが強くなってしまっている、という指摘を聞いたことがあります。
「みんなのものだから、みんな好きに使ってよい」よりは「みんなのものだから、好きに使ってはいけません」という感じでしょうか…?
リスクを冒してまで路上生活者と立てこもりを決行したスチュアート。これは単なる優しさではなく、徐々に明らかにされる彼の過去が「当事者」としての行動を駆り立てたのです。
格差と分断が進む今の世界では、「自分ごと」として捉えるのが難しい。ホームレスの多くは真面目に生きてきたけど、ささいなきっかけで今の状態に陥ってしまった人ばかりなのに、なぜか僕たちはそのことを忘れてしまう。他の多くの社会的弱者に対しても、「どこまでが当事者なのか?」そんな問いがこの映画には含まれているように感じます。


「ここには―― 告発しても足りぬ罪がある。ここには―― 涙では表しきれぬ悲しみがある」。スチュアートを危険な扇動者と決めつけて報道するマスコミに対して、彼が淡々と読み上げるのはスタインベックの「怒りの葡萄」の一節。図書館員の仕事は多岐に渡り、スチュアートの隣人の「一日中本を読んでいられるなんていいね」というセリフとは程遠い実態ですが、本の力、活字の力を確かに感じさせてくれるこの場面、とても好きです。
アメリカにおけるホームレスの数は、日本に比べて実に100倍以上。ただ、そこだけに目を向けてしまうと、また他人事になってしまう。公共施設が弱者を守るという意味では、ホームレスに限った話ではないですよね。
「公」より「共」が尊重される社会でありますように。深刻な問題を提起しながらもユーモアと温かさに溢れたこの作品を見ながら、そう強く感じました。


「パブリック 図書館の奇跡」 ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
©EL CAMINO LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【編集マツコの 週末には、映画を。】
年間150本以上を観賞する映画好きの料理編集者が、おすすめの映画を毎週1本紹介します。
文/編集部・小松正和 

次回7/31(金)は「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」です。お楽しみに!

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ8/17号

オレンジページ8/17号

2020年7月31日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.16

おとなの健康Vol.16

2020年7月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権スピンオフ