レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. しくじりの理由20選〈後編〉~それでも6.5キロ痩せました【ダイエットマニア 一代記 第十五回】
オレンジページ☆デイリー

2020.5.10

しくじりの理由20選〈後編〉~それでも6.5キロ痩せました【ダイエットマニア 一代記 第十五回】

ダイエットマニア 一代記10代で初めてダイエットを経験。以来39年間、失敗したダイエットは75種。かかった経費は少なく見積もって2百万円! そんなダイエットマニアの文筆家・大平一枝さんの〈しくじりの記録〉を週一回連載でご紹介します。

 

失敗の要因20選

 最終回である。
 まずは前回書ききれなかったほかのダイエットのしくじり要因を書き出す。

★エステ、ジム、運動系
・ウォーキング→梅雨でやめた。

・ファスティングヨガ教室→1週間講座を3回経験。3~5キロ落ちたが、すべてきれいに戻った。

・ヨガ→やり方を間違え、股関節を痛めた。

・しこトレ(力士の四股踏みを元にしたエクササイズ。腰回りの深層筋を鍛える)→結果がすぐ見えず2週間で終了。

・ランニング→息切れがすごい。

・水泳→体が冷える。

・ホットヨガ→教室や更衣室が独特の臭い(その教室だけで他は未確認です)。

・岩盤浴→気持ちいいのと血行が良くなるのみで終わった。

・よもぎ蒸し→高額で頻繁に通えない。体重は落ちるがビール1杯で元に戻る。

・リンパエステ→高い。

・ピラティス →副交感神経が優位になるのか、必ず眠くなる。

・コアトレ(マンツーマンでマッサージ後、ストレッチやトレーニングの指導を受ける)→高い。マッサージが気持ちよすぎて、トレーニングになると、やる気が下降。

・ファスティングエステ(セレブなエステサロンで、マッサージと自宅での断食3日間を組み合わせた指導を受ける)→セレブ感が味わえるが、3日間では効果も一時的。

・断食合宿(泊まり込みで1週間)→正しい断食のしかたを学べるが、参加者がスピリチュアル系でちょっとだけ怖かった。

・個人指導のママ(ダイエット研究家。自分の仕事の参考にもなるからと個人的に熱心に食事指導とアドバイスをくれた)→ スタバのラテをグランデで頼んだら注意され、友情が壊れる前にダイエットをやめた。

★病院系
・肥満遺伝子チェック→近所の整形外科でポスターが貼ってあったので申し込んだら「え、やるんですか?」という顔をされた。血液を採取し、何で太るのか4種のタイプに分けられるだけ。タイプが描かれた名刺大の手作り風カードをもらって終わった。

・鍼灸院(足のツボに鍼を打つ)→劇的に食欲がなくなるが、通っていた芸能人が倒れて運ばれたのを知ってやめた。

・催眠療法→インナーチャイルドがどうのこうのといわれて怖くなった。

・ダイエット外来1(食欲抑制剤を保険適合外で処方)→服用したら冷や汗が出て調子が悪くなったのですぐやめた。

・ダイエット外来2(定期的な食事指導)→次に会うまでにと、自動的に食事療法を頑張るシステム。医師推奨のハーバード大学式野菜スープは痩せた。今も通院中。だがスープの味に若干飽き始めている。

 

楽して成功。人生で初めて痩せた!

 長いダイエット失敗録にお付き合いいただいたことを心から感謝したい。さて、最後になるが私の現況を。
 実は減量できたのである。〈ちょい痩せ〉は、2年前。ビフォアアフターの体験ルポを書く雑誌の企画で、ハーバード大学式野菜スープを実践。高血圧を指摘され、減塩料理にもとりくむ。数ヶ月で5キロ落ちた。
 しかし、だんだんスープの味にも飽きてきたのと、雑誌のアフター写真を撮り終えた途端、気が抜け2年かけて少しずつリバウンドしていった。

 昨年8月。初めてギックリ腰をやった。1センチ動かすだけでも悲鳴を上げる状態で丸一日寝込み、体のためにも痩せようと決心した。体重が腰に負担をかけている。痩せねばまたギックリ腰を繰り返すだろう。 でも、運動は嫌いだ。となれば、食生活を変えるしかない。

 まずは、いまどれくらい食べているのかカロリー計算をするため、「あすけん」というダイエットアプリをダウンロードした。月300円のオプション代を払うだけで、料理写真から自動的にカロリー計算をしてくれるシステムが魅力だった。

 アプリ利用者の日記欄で当時話題になり始めていたのが、『月曜断食』である。月曜だけ断食をすればいいのか? それなら簡単そうだとアマゾンでポチリ。翌日届いたそれを、布団でむさぼり読んだ。

 週1不食日、4日良食日、2日美食日というメソッドを覚え、どうせ寝たきりだしと、いきなり不食日にトライした。
 一晩で1.5キロ痩せた。まさに文字通りなにもせず「寝るだけ」で痩せたのだ! なんて楽なんだ! ブラボー月曜断食。ありがとうギックリ腰。

 その日の爽快感と達成感がやみつきになり、以来9カ月続けている。今は6.5~7キロ減を行ったり来たり。目標はトータル10キロ減なのであと少し週1の断食を頑張るつもりだ。

 不食の空腹感が辛い日もあるが、不思議と、前の週の6日間を暴飲暴食しなければスムーズに乗り越えられる。カロリーを書き出し、いまさらながらに私は外食や会食が多く、毎日食べすぎていることに気づいた。6日分の総カロリーで、健康な人の7日分だ。

 月曜断食はやみくもに1日不食をすればいいわけではなく、こまかなコツや揃えるべき道具などがある。  詳細はまたお伝えできる場所ができそうなので、お待ちいただきたい。
 最終回でまるで痩せた勝ち組のように書いているが、下腹など個人的には表に見えないところの課題が山積みである。
 そんなわけで、近々またお会いしましょう。ご愛読ありがとうございました。

今回のお代約1,735,000円(総額)

 

2年ぶりに会った写真の加工上手な先輩が「痩せたね!」と何枚も撮ってくれました。月曜断食はお酒オッケーなのが最大の魅力。だからなんとか続いています。

 

特設ページはこちら>>>

 

プロフィール

おおだいら・かずえ
文筆家。長野県生まれ。’94、編集プロダクションを経てライターとして独立。著書に『東京の台所』『男と女の台所』『もう、ビニール傘は買わない。』(平凡社)、『届かなかった手紙』(角川書店)、『あの人の宝物』『紙さまの話』(誠文堂新光社)、『新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく』(大和書房)など。『そこに定食屋があるかぎり(ケイクス)』など連載多数。大学生長女と映画製作業の夫と3人暮らし。現在どうやら人生初のダイエット道アガリの噂あり。今後の展開にご注目を!

www.kurashi-no-gara.com
instagram : @oodaira1027
twitter : @kazueoodaira

イラスト/いいあい

 

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/17号

オレンジページ12/17号

2020年12月2日発売

詳細・購入はこちら

2021オレンジページCooking冬

2021オレンジページCooking冬

2020年11月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.17

おとなの健康Vol.17

2020年10月15日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジページ通販

ジュニア料理選手権スピンオフ