レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 【編集マツコの 週末には、映画を。Vol.51】「もみの家」
オレンジページ☆デイリー

2020.3.13

【編集マツコの 週末には、映画を。Vol.51】「もみの家」


こんにちは。ふだんは雑誌『オレンジページ』で料理ページを担当している編集マツコです。
日々食に関わる仕事をしていて、食べることの大切さを常に感じていますが、今回『もみの家』という作品を見て、その思いがさらに深まりました。
心を閉ざした1人の少女が小さな1歩を踏み出すまでの1年間を、富山の美しい四季を通して描いた本作品。農業を通して若者の自立を支援する、実在の施設「Peaceful House はぐれ雲」に取材協力を仰いだそうです。
毎日同じリズムで生きること。そして地域の人との交流。本当の豊かさとは何か、そんな問いを投げかけてくる映画です。
今回、この自立支援施設「もみの家」を主宰する佐藤泰利役を演じた俳優・緒形直人さんのインタビューが実現。撮影のこぼれ話や、作品に対する思いとともにお届けします。


ストーリーの始まりは春。ふとしたことから不登校になった16歳の彩花(南沙良)は、母親のすすめでもみの家にやって来ます。
初めは周囲になかなか心を開けない彩花ですが、もみの家の主宰者である泰利(緒形直人)と妻の恵(田中美里)、そして彼女と同じように不安を抱えてこの施設にやって来た若者たちと交流していくうちに、だんだんと心をほぐしていくのです。
「子どもたちを救っていく話だけど、ハッピーエンドという感じでもなくて、1年かけてやっと1歩踏み出す。でもそのくらいで十分なんじゃないかなと思います」と語る緒形さん。夫婦で若者の支援をするという人物をどう演じたのでしょうか?

「泰利と妻の恵は大学で教員を目指しているときに出会って、途中でこっち(もみの家)の道で頑張ろうと決めた。最初に監督から、そういう設定だけもらったんですね。施設にいる子どもたちに関しては、“彼は半年”とか、もみの家にいる期間だけ設定されていて。泰利は教員時代に同じように悩みを抱えた子どもたちに出会って、でも助けられなくて、そういう経験があったんじゃないかなと思いながら演じていました」
若者を大きな優しさで包み込むと同時に、どこかに影を抱えているようにも見える泰利。緒形さんの言葉でその謎が解けたような気がします。


ところで、撮影期間中は監督の奥様が食事を作ってくださったとか。「そうなんです。ケータリング長として、かなりバリエーションに富んだ料理を作ってくれて。30年間の役者生活で食べたロケのケータリングの中で、一番旨かったですね。あの料理が食べたいから、このチームでまたやりたいって思うくらい」
30年で一番というのはすごい! ある日、監督の奥様が届けてくれたお弁当に添えられていたという、手書きのメッセージも見せてくださいました。
「こういうのは他の現場ではなかなかないこと。このメモは映画の公開日までは財布に入れておこうと思って」

映画の中で特に印象的だったのが、彩花が落ち込んでいるときに泰利がアイスを差し出すシーン。
自分たちで作った野菜やお米を食べる場面もとても良かったのですが、買ってきたものでもそこに思いやりや優しさが込められていれば、特別なものになる気がして……。
そう感想を伝えると、「物が手から手に直接渡されるっていうことが大事なのかな。あの場面は、彩花がちょっと気になっていた彼が引っ越してしまった後で、『一緒にアイス食べようぜ』っていうぬくもりがそこにあるんですよね。あのシーンは監督がかなりこだわって、いろんな角度から撮っていましたね」と緒形さん。


農業体験だけでなく、地域の人との交流も、「もみの家」にやって来た若者たちにとっては大切な経験。
「今は大人が子どもに声をかけにくい時代だけど、やっぱり地域としてはそういう接点があったほうがいいですよね」と緒形さんが語るように、家族だけでなく、血のつながっていない人たちとの交流が今こそ求められているのかもしれません。

なぜ「もみの家」なのでしょう。劇中の泰利の言葉によれば、〈もみ〉は脱穀前の稲の実のことで、まだ固い殻をかぶった米のこと。家族も施設の人間も、その固い殻を破る手助けをするのだと。
富山の美しい四季を背景に、彩花の殻が少しずつはがれていく様子を描いた『もみの家』。緒形さんの演技にもぜひ注目しながらご覧ください。
 

「もみの家」  3月20日(金・祝)より、新宿武蔵野館他全国順次ロードショー!富山県で先行上映中!<TOHOシネマズファボーレ富山、TOHOシネマズ高岡、JMAXシアターとやま>
©「もみの家」製作委員会


【編集マツコの 週末には、映画を。】
年間150本以上を観賞する映画好きの料理編集者が、おすすめの映画を毎週1本紹介します。
文/編集部・小松正和 撮影(緒形さんポートレート)/熊原哲也

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ4/17号

オレンジページ4/17号

2020年4月2日発売

詳細・購入はこちら

2020オレンジページCooking春

2020オレンジページCooking春

2020年2月28日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.14

おとなの健康 Vol.14

2020年1月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!