レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 毎日こつこつ! 作りおき『しょうが酢オイル』で体ポカポカ
オレンジページ☆デイリー

2020.2.3

毎日こつこつ! 作りおき『しょうが酢オイル』で体ポカポカ

今年は記録的な暖冬……とはいえ、やっぱり寒いですよね。

こんな季節は、体を温めてくれるものを食べて、内側からポカポカになちゃいましょ♪

 

●やっぱりすごいしょうがの温めパワー

体を温めてくれる食材の代表格といえば『しょうが』。でもいったいどうして、しょうがを食べると体がポカポカになるのでしょうか?

管理栄養士の大島菊枝先生によると、しょうがには『ジンゲロール』という成分が含まれており、その成分が加熱すると『ショウガオール』という成分に変化するのだそう。これが、胃腸の消化活動を促進。結果、内臓の血液循環がよくなることで体が温まり、冷えを改善してくれるのだとか。

 

ちなみに、一日に摂取するしょうがの適量は、だいたい1~2かけ。食べすぎるとおなかがゆるくなるなど、胃腸が不安定になることもあるので、少量をこつこつ取りつづけることが大事です。

 

特に効果的な食べ方は、栄養素が多く詰まった皮はなるべくむかず、大きめに切って調理する方法。すりおろしやみじん切りは断面が空気にたくさん触れることで、ジンゲロールが減ってしまうのだそう。また、体を温める効果を得るには、ショウガオールが必要。生よりも加熱調理がベターです。

 

ふむふむ。

これでしょうがの温め成分の特徴はバッチリですね!

それでは、毎日こつこつ&効果的にしょうがを摂取することができる『しょうが酢オイル』のレシピをご紹介しちゃいます! 作りおきして、色々な食材にかけたりあえたりすれば、いつでも簡単にしょうがをとることが可能ですよ♪

 

さっそくご覧ください。

 

●『しょうが酢オイル』

材料(作りやすい分量)

しょうが……5かけ

酢……1/4カップ

オリーブオイル……1/2カップ

塩……小さじ2/3

 

作り方

(1)しょうがは皮の色が黒くくすんだ部分をスプーンでこそげ、皮つきのまません切りにする。

 

(2)フライパンにオリーブオイル大さじ1/2を入れ、中火で熱する。しょうがを入れ、しんなりとするまで1分ほど炒めて火を止める。保存容器に残りのオリーブオイル、しょうがと、酢、塩を入れて混ぜ、3時間以上おいて味をなじませる。

 

できあがった『しょうが酢オイル』で、炒めたしいたけをマリネしたり……、

 

チンしたブロッコリーをあえたり……、

 

キャベツやハムにからめて蒸したりと、さまざまな使い方ができてgood!

さっぱりとした酢の味わいがしょうがの風味を引き立てます。

 

ドレッシングや調味料のように、とっても気軽に使えるところもうれしいポイント。清潔な容器に入れれば、冷蔵で1か月ほど保存可能なので(※)、毎日こつこつ摂取してくださいね。

(※使うときは、清潔なスプーンで取り出して。)

 

『しょうが酢オイル』生活で、体ポカポカ。あなたもぜひはじめてみてくださいね。

 

栄養監修/大島菊枝 料理/小林まさみ 撮影/髙杉 純 文/編集部・持田

『オレンジページ』2020年2月17日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ3/2号

オレンジページ3/2号

2020年2月17日発売

詳細・購入はこちら

2020オレンジページCooking冬

2020オレンジページCooking冬

2019年11月15日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.14

おとなの健康 Vol.14

2020年1月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

おいしいにっぽんフェス

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!