レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. なす好き、集まれ! 【なすカツ】で「あの夢」が叶います。
オレンジページ☆デイリー

2019.6.4

なす好き、集まれ! 【なすカツ】で「あの夢」が叶います。

なす好きの夢。それは、なすにかぶりつくこと! 
なすを愛する人のための、
なすを生かした、
なすを存分に味わえる、
なすが主役の、
なすメニューをご紹介。その名も「なすカツ」。なすさえあれば、もはやカツに肉はいらない(!?)のです!
 


なすをまるごと楽しむためには大切なのが「切り込み」。この美しい羽のようななすの姿とともに、レシピをどうぞ。


「ウィング切り込み」と名づけましょう。


【なすカツのツナタルタルがけ】
▼材料(2人分)
なす 4個(約320g)
溶き卵 1個分
〈ツナタルタル〉
 ツナ缶詰(70g入り) 1缶
 玉ねぎのみじん切り 大さじ3
 マヨネーズ 大さじ2
 レモン汁 大さじ1/2
 こしょう 少々
サラダ菜 適宜
小麦粉 パン粉 揚げ油

作り方
[1] ツナタルタルを作る
ボールにツナをかるく缶汁をきって入れ、残りのツナタルタルの材料を加えて混ぜる。
 

[2] 「ウィング切り込み」のなすにころもをつける

なすはへたを切り、へた側を2~3cm残して縦に幅8mm間隔で切り込みを入れる。へた側を手で押さえ、切り込みを入れた部分をずらすように扇状にやさしく広げる。広げたまま、小麦粉適宜、溶き卵、パン粉適宜の順にころもをつける。
 

[3] なすを揚げて仕上げる
揚げ油を中温※に熱し、なす2個を入れる。弱めの中火にし、途中、一度裏返しながら3分ほど揚げ、油をきる。残りも同様にする。器に盛り、ツナタルタルをかけてサラダ菜を添える。

※170~180℃。パン粉を少量落とすと、すぐにシュワッと音を立てて広がる程度。
 

[揚げるときのPOINT]
ころもがはがれやすいので、しっかりとつけるのがポイント。揚げているあいだも、あまりさわらないほうがキレイに仕上がります。


からりと揚がったら、ガブーッとかぶりついて(揚げたては熱いので注意!)、夢のなすタイムを満喫してください~!


料理/大庭英子、撮影/木村 拓(東京料理写真)、文/編集部・馬場
『オレンジページ』2019年6/17号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ9/2号

オレンジページ9/2号

2019年8月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.11

おとなの健康 Vol.11

2019年5月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

オレンジページくらしフェスタ

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!