レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 料理家・坂田阿希子さんの【偏愛レシピ】蛇腹きゅうりの甘酢漬け
オレンジページ☆デイリー

2019.6.5

料理家・坂田阿希子さんの【偏愛レシピ】蛇腹きゅうりの甘酢漬け

トマト、なす、きゅうり、鮮やかな夏野菜たちが店先を彩る季節になりました。

今回は、雑誌やテレビで活躍中の人気料理家・坂田阿希子さんが偏愛する、〈蛇腹きゅうりの甘酢漬け〉をご紹介します。〈蛇腹切り〉は酢のものによく使われる手法 。きゅうりの両面に細かく切り込みを入れることで、切り込みが互い違いに重なり合い、切れることなく蛇腹のように伸び縮みするんです!


「切り込みを丁寧に入れることで、きゅうりの繊細な食感が楽しめる」という坂田さん。
たしかに、噛むと蛇腹がぱらりとほどけて、薄切りのきゅうりを口いっぱいにほおばっているような感覚に! 甘酢を含んだきゅうりはしっとりとして食べやすく、しゃきしゃきとしたフレッシュな食感も楽しめます。

▼材料(作りやすい分量・3本分・容量約700mℓの耐熱の保存容器が目安)
きゅうり  3本
塩  小さじ2/3
〈甘酢〉
 米酢  1/2カップ
 水  3/4カップ
 砂糖  30g
 塩  小さじ2

▼作り方
(1)きゅうりはピーラーでしま目に皮をむく。

(2)まな板に横にして置き、端から2/3程度の深さまで斜めに細かく切り目を入れる。そのまま裏返し、端から同様に切り目を入れる(両側の切り目が互い違いになるようにする)。
(3)塩をまぶし、水けが出るまで30分ほどおく。長さを半分に切って水けを拭き、耐熱の保存容器に入れる。
(4)鍋に甘酢の材料を入れて中火にかけ、煮立ったら(3)にそそぎ入れる。そのままおいて粗熱を取り、さめたら冷蔵庫で1日以上置く。

そのままはもちろろん、ゆでたこやわかめとあえたり、豚肉と炒めたりしてもおいしいのだそう。冷蔵で4~5日保存可能ですから、新鮮なうちにまとめて作っておけば、暑い日にもすぐ食べられて便利ですね!
オレンジページCooking夏』より 料理/坂田阿希子 撮影/澤木央子 文/編集部・井上)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ9/2号

オレンジページ9/2号

2019年8月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.11

おとなの健康 Vol.11

2019年5月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

オレンジページくらしフェスタ

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!