レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 料理をおいしく温めなおすコツ【から揚げ・餃子・冷たいご飯】
オレンジページ☆デイリー

2019.4.4

料理をおいしく温めなおすコツ【から揚げ・餃子・冷たいご飯】

作っておいた料理や買ってきたお惣菜の温めなおしに便利な電子レンジ。
でも、なぜか堅くなったり、ベチャベチャになったり、加熱ムラができたり……温めなおしに失敗してしまうことはありませんか?
せっかくの料理、温めなおして食べるときも、おいしくした~い!!

そこで、電子レンジを使ったレシピを数多くご考案されている、料理研究家の小田真規子先生に、この悩みを解決していただきました。
料理をおいしく温めなおすコツはズバリ!!料理の水分量をコントロールすること。
温める前に水を加えたり、逆に油分を取り除くことで、適切な水分量に戻っておいしく仕上げることができるんです!
今回は、失敗しがちな3品の「温めなおし術」をご紹介します。


●から揚げ(4~5個)
=耐熱皿にペーパータオル+ラップなしで2分加熱


から揚げなどの揚げ物は、温めるときに余分な油をペーパーで吸わせることで、ころものべたつきを防ぎます。
ラップもかけずに水分をとばすことで、ほどよくカリっとしたジューシーな仕上がりに!


●焼き餃子(6~8個)
=閉じ目を下で耐熱皿に並べ水大さじ1+ふんわりラップで2分加熱



餃子やシュウマイの皮は温めなおすと堅くなりがち。
皮のひだがある閉じ目を下にして水を加えてからラップして温めると、水分と熱が下にこもって柔らかいまま温められます。


●冷蔵ご飯(150~200g)
=耐熱ボールに均一に広げ水大さじ1+ふんわりラップで2分加熱


冷蔵していたご飯は、深さのあるボールに入れて温めることで、蒸気がいきわたりふっくら仕上がります。
堅めに仕上げたい場合は水なしでもOK。加熱後むらがある場合は、全体をしゃもじで混ぜると◎。

料理をおいしく温めなおす技、ぜひ試してみてくださいね!

監修・料理/小田真規子 撮影/南雲保夫 文・編集部/吉藤
(『オレンジページ』2019年4月17日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ8/2号

オレンジページ8/2号

2019年7月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.11

おとなの健康 Vol.11

2019年5月16日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

ジュニア料理選手権

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!