レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. お得に「ポイント活用」したい人必見。達人が教える基本のキはこちら!
オレンジページ☆デイリー

2019.2.28

お得に「ポイント活用」したい人必見。達人が教える基本のキはこちら!

「ポイントカード、お持ちですか?」

日々の買い物で、何度このセリフを聞くことでしょう。

お得な気がしてなんとなく作ってみたり、貯めてみたり。

でも結局ポイントを使わないまま、有効期限が切れる、そんなことを繰り返していませんか?

今は、インターネットの買い物や美容院の予約などで、知らず知らずに貯まっているポイントもあり、自分がどんなポイントを持っているのか、もはや把握すらしきれていないのが悩みどころ。

 

消費経済ジャーナリストの松崎のり子さんによると、ポイント上手になるための第一歩は、「自分がどんなポイントを持っているかを整理してみること

そして、「貯めるポイントを絞り込むこと」。これだけでも、かなりポイントを有効活用できるようになるそうです。

【STEP1】持っているポイントを洗い出す

持っているポイントカードを出して並べてみましょう。インターネットやアプリのポイントなども書き出してみるとより◎。有効期限のきれているもの、期限内に貯められなさそうなものは処分します。

【STEP2】「使うシーン」をイメージして、貯めるポイントをセレクト

手持ちのポイントを洗い出したら、自分が貯めるポイントを決めます。

選ぶポイントは、「ポイントを使うシーン」がイメージできること。よく買い物をする場所、よく外食をするチェーン、利用するネット通販など、自分の行動スタイルを振り返ると決めやすくなります。

 

「なかでも、効率よく貯められて使い勝手のいいのが、Tポイントや、楽天スーパーポイント、Pontaやdポイントなどの、『共通ポイント』。意識して貯めていくといいですね」(松崎さん)

そして、大事なことは、「ポイントはこまめに使うこと」。

じつは、ポイントはたくさん貯めれば貯めるほど、「特別なもの」として仕分ける心理が働き、使いづらくなるのだとか。

 

気づいたら有効期限が切れていた!などということを避けるためにも、たとえばスーパーなどで貯めたポイントは、なるべくこまめに使うことが、有効利用するためのコツです。

 

「ネットのポイントなど、すぐに使いづらいポイントは、電子マネー化しておくのもおすすめ。たとえば、楽天スーパーポイントなら楽天edyに、WAONポイントは電子マネーWAONにしておくと、使えるシーンがぐっと増えてムダがなくなりますよ」(松崎さん)

 

なお、スーパーやドラッグストアは、必ず買い物をする場所。

ならば、ポイントアップデーに買い物に行くことをルーティーンにすれば、買う金額は同じでも貯まるポイントは激増します。

たとえば、ドラッグストアのウエルシアは、「月曜日に貯めて20日に使う」を意識しておくと◎。月曜日には、108円でTポイントが2ポイント(通常は1ポイント)がつき、20日は200ポイント以上を利用すると1ポイントが1.5円になります。

 

日々の生活に、「ポイント」はつきもの。できるだけお得に活用し、家計を豊かにしたいですね!

※掲載の情報は、2019年1月現在のものです。

監修/松崎のり子 イラスト/風間勇人 文/編集部・吉川

(『オレンジページ』2019年3月2日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ4/2号

オレンジページ4/2号

2019年3月15日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.10

おとなの健康 Vol.10

2019年1月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!