レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 【おいしく使いきり】旬の大根は、葉と皮も主役になる!
オレンジページ☆デイリー

2019.1.30

【おいしく使いきり】旬の大根は、葉と皮も主役になる!

素材、料理名などのキーワードから簡単にレシピ検索ができる『オレンジページnet』。月に約400万人ものユーザーが、作りたい&知りたいメニューを探しに訪れます。

今の時期、検索数が増えるのは、冬野菜を使ったレシピ。なかでも旬を迎え、値段も手ごろになった「大根」が上位にランクイン。ぶり大根、豚バラ大根などの定番おかずから、大根ステーキ、大根餅などのちょっとおしゃれなメニュー、さっぱりとしたサラダや浅漬けなどが人気ですが、今回スポットを当てたいのが、捨ててしまいがちな大根の「葉」と「皮」。

まずは、大根の「皮」。レシピでは、口当たりをよくする、味がしみこみやすくなる、といった理由で「大根は皮をむく」ことが多いですが、「皮」にはビタミンCや食物繊維が豊富なうえ、コリコリとした食感がなんとも美味。そんな「皮」で、ぱぱっと作れる一品をご紹介します。

 

大根の皮のごま酢漬け

材料(2人分)と作り方

大根の皮1/2本分(約100g)は長さ4~5cmのせん切りにする。ボールにしょうゆ大さじ1~1と1/2、酢、ごま油各大さじ1/2を入れて混ぜ合わせ、大根の皮を加えてからめ、10分以上おいて味をなじませる。汁けをかるくきって器に盛り、好みで一味唐辛子適宜をふる。

◆量を2~3倍にして作り置きしておけば、箸休めやおつまみに大活躍!冷蔵庫で3日ほど保存可能。

 

次は、大根の「葉」。緑黄色野菜に分類されるほど栄養が豊富で、新陳代謝を促すビタミンA、免疫力アップにつながるビタミンC、骨を強くするカルシウムなどはほうれん草に匹敵するほど。またシャキシャキとした口当たりも美味。ぜひ葉のついたものを買って、積極的に使ってください!

 

大根の葉のカレー風味そぼろ

材料(2人分)と作り方

大根の葉150gは粗みじんに刻む。フライパンにサラダ油大さじ1/2を中火で熱し、合いびき肉100gを入れてほぐしながら炒める。色が変わったら、大根の葉を加えてしんなりとするまで炒め、カレー粉小さじ2をふってからめる。酒大さじ1、塩小さじ1/2を加え、汁けをとばすようにして炒める。ボールに移してさまし、白いりごま大さじ2を加えて混ぜる。

◆ご飯やうどんにのせたり、レタスの葉で包んでいただくのもおすすめ。冷蔵庫で3日ほど保存可能。

 

料理/大庭英子  撮影/今清水隆宏(上) 尾田 学(下) 文/編集部・宮川

(『みんながいちばん知りたい、作りたい 野菜のBESTレシピ』(オレンジページ刊)より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ3/2号

オレンジページ3/2号

2019年2月16日発売

詳細・購入はこちら

2019オレンジページCooking冬

2019オレンジページCooking冬

2018年11月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.10

おとなの健康 Vol.10

2019年1月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!