レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 香ばしさが魅惑的★香港風チャーシュウでホムパ
オレンジページ☆デイリー

2018.11.6

香ばしさが魅惑的★香港風チャーシュウでホムパ

香港を旅した人の多くがハマッてしまうという、本場中国の焼き豚「蜜汁叉焼(ミージーチヤーシアオ)」。

特製釜であぶり焼きにした豚肉は、香ばしい焦げ目と甘み、エキゾチックな香りが魅力です。
煮豚バージョンのチャーシュウになじみが深い日本人にとって、「今まで私の知っていたチャーシュウと全然別モノ!」とハッ!とする味わいなんだとか。

人気料理家の川津幸子さんも、そんな「蜜汁叉焼」の魅力にとりつかれた一人。自宅でおいしく再現するべくレシピを研究し、長年作り続けているそう。

こちらが川津さんが自宅キッチンで手作りした、「蜜汁叉焼」。ホムパのメイン料理によく登場する、定番料理とのこと!


つやっつや☆で端っこだけちょい焦げな焼き色! めちゃくちゃ美味しそうです!!

「どうやって作るんですか?」との問いかけに「驚くほど簡単なのよ」と笑顔で答える川津さん。

【1】豚肉を調味料に漬ける

豚のかたまり肉は全体をフォークで刺し、水につけて血抜きする。水けを拭いて、砂糖、塩、溶き卵、甜麺醤…などの下味の材料に漬ける(冷蔵庫で一晩)

一晩たつとこんなふうに砂糖が溶け、透明でサラッとした漬け汁に。

【2】オーブンで焼く

あとは汁けをきってオーブンの焼き網にのせてじっくり焼くだけ!

え!?これって、ほぼ「漬けて焼くだけ?」すっごく手間なし!!ズボラな私でもできそうな簡単さに、思わずうれしくなりました。しかもゴージャス感があるから、「おもてなし料理」にも最適☆

人が来るときって、ただでさえ掃除をしたり、お酒を用意したりでバタバタするもの。料理は手をかけずに豪華なのが何よりです。

「このオーブンで焼くチャーシュウは、おいしさはもちろんですが、ほったらかしでいっぺんにごちそうができるのも魅力。料理する側の負担にならないのも、長く作り続けてきた理由ですね」と、川津さん。

なるほど。おもてなし上手が選ぶのは、無理なく、やりすぎず、ゲストをゆったり迎えられるお料理なのですね。勉強になりました!

忙しいときにも苦なく作れて、幅広い世代にウケる香港風チャーシュウ。たとえば、お正月の食卓に添える「温かい肉料理」にもぴったりそう♪ 私も早く得意料理にして、まもなくやってくる年末年始に役立てよう!と思います。

来客のときのメニューにいつも悩んじゃう…という方は、ぜひ「蜜汁叉焼」を候補に入れてみてください(^^)

料理/川津幸子、撮影/鈴木泰介、文/編集部・谷本
(『オレンジページCooking 2019 冬』オレンジページ刊より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/2号

オレンジページ12/2号

2018年11月16日発売

詳細・購入はこちら

2019オレンジページCooking冬

2019オレンジページCooking冬

2018年11月2日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.9

おとなの健康 Vol.9

2018年10月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!

第34回オレンジページ読者アンケート