レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 食物繊維を手軽にとれる! 特製「ごぼうふりかけ」のすすめ。
オレンジページ☆デイリー

2018.5.28

食物繊維を手軽にとれる! 特製「ごぼうふりかけ」のすすめ。

お通じをよくして、おなかやせに欠かせない食物繊維。毎日手軽にとりたい人におすすめなのが、特製「ごぼうふりかけ」です。

野菜はかさばるのでたくさん食べにくいですが、乾燥させて粉状にすれば「大さじ1で食物繊維たっぷり」に!


少し時間はかかりますが、丁寧に乾燥させれば、日持ちも長くなるのでぜひ。作っておけば、いつでもちょいたしできますよ。


材料(でき上がり約110ml分)
ごぼう 1本(約200g)
ちりめんじゃこ 15g(約大さじ4強)
青のり 2g(約大さじ1と1/3)
塩 小さじ1/3~1/2


作り方
【1】野菜の下ごしらえをする
オーブンを100℃に予熱する。ごぼうはよくこすり洗いし、斜めにごく薄切りにする(あればスライサーでもOK)。水けがある場合は拭き取る。


【2】オーブンで乾燥させる
オーブンの天板にオーブン用シートを敷き、ごぼうの1/2量を広げ入れる。100℃のオーブンで30~40分ほど焼き(さわるとカサカサと音がするくらい乾燥したらOK。やけどに注意)。取り出して粗熱を取る。残りも同様にする。

これを……


これくらいまで乾燥するのが目安。

(天気がよく、湿度が低い日であれば、天日干しで乾燥させてもOK。ざるに重ならないように広げ、日当たりがよく、風通しのいい場所に10~12時間ほどおきます)



【3】フードプロセッサーで粉末状にする
フードプロセッサーにごぼうを全量入れ、粉末状になるまで撹拌する。残りの材料を加え、1秒ほど撹拌するのを3~4回繰り返す。


【4】容器に入れて保存する
清潔な密閉できる容器に入れ、冷蔵で2週間ほど保存可能(容器は使う前によく洗い、煮沸消毒やアルコール消毒を!)。食べるときは清潔なスプーンで取り出します。


ごぼうで作るふりかけは、うまみや風味満点なので、使い方のバリエーションも広がります。ご飯にかけるのはもちろん、

納豆に加えたり……

市販のフレンチドレッシングと混ぜてサラダにかけたり。

そのほか、マヨネーズとともに食パンに塗ってトーストにしたり、卵焼きに混ぜてもOK。

食物繊維は毎食こまめにとることが大事。繊維が豊富でおいしい「ごぼうふりかけ」なら、無理なく続けられるはず。
 

料理/藤井 恵、撮影/岡本真直、スタイリング/本郷由紀子、文/編集部・馬場
(『オレンジページ』2018年6月2日号より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ9/2号

オレンジページ9/2号

2018年8月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.8

おとなの健康 Vol.8

2018年7月14日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権

広告大賞発表

オレンジページ くらしフェスタ会場レポート

創刊33周年記念動画配信中!