レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 「スロー」な動きが血圧を下げる!?
オレンジページ☆デイリー

2018.5.1

「スロー」な動きが血圧を下げる!?

あなたの血圧、以前と比べて上がってきていませんか? 
血圧は年齢とともに上がる傾向があり、若いころに低血圧だった人が、高血圧になるケースもあります。
『おとなの健康』編集部が独自に行ったアンケートでは、なんと60代の8割以上が「血圧高め」(135/85mmHg以上が目安)という結果も!

でも、「血圧高め」だからといって、すぐに薬をのみ始める必要があるとは限りません。
秋津医院(東京・戸越銀座)の秋津壽男院長によると、「年齢とともに誰でも動脈硬化が進んでくるため、若いころより血圧が高くなるのは自然なことです。50代以上は「血圧高め」と指摘されても、すぐに薬で治療しなければ危険というわけではありません。動脈硬化のリスクが低い場合は、様子をみることもよくあります。薬に頼らず、運動などのセルフケアで血圧をコントロールすることは充分可能です」。

なるほど。「血圧高め」と指摘されたら放置せず、早めのセルフケアが大切ということですね。

秋津先生はさらに、「血圧が高めの人は、運動不足で筋肉や関節、さらには血管が硬くなっています。血管の周囲にある筋肉を動かすと、血管がほぐれて、血圧を下げる効果が得られます。おすすめなのは、あえてゆっくりした動作で行うことで筋肉をしっかり刺激する、〈スロー体操〉です」。

〈スロー体操〉とは、たとえばラジオ体操を倍の時間をかけてゆっくり行ったり…


ソファやいすから立ち上がるとき、反動をつけずにゆ~っくり立ち上がったりするというもの。

いつでもどこでも、テレビを見ながらでも行える〈スロー体操〉。血圧が気になる人はぜひ、毎日の習慣にしては?

監修/秋津壽男(秋津医院院長) イラスト/木波本陽子 文/編集部・今田

『おとなの健康vol.7』(オレンジページ刊)より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ11/2号

オレンジページ11/2号

2018年10月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.9

おとなの健康 Vol.9

2018年10月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権

オレンジページ大感謝まつり2018

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!