レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 野菜のつまみは「巻き」でいこう!
オレンジページ☆デイリー

2018.1.9

野菜のつまみは「巻き」でいこう!

『巻く』

丸くする、輪を描くように囲むのような意味があります。

業界用語で急ぐの意味もあったりして。

ウッチャンナンチャンの『笑う犬の冒険』という番組のキャラクター「大嵐幸太郎」が、決め台詞(?)で言っていましたよね! 「巻いていこー!」って(懐)

テレビ局の人って本当にそんなこと言ってるのか……?

 

料理の巻くもさまざま! のり巻きに肉巻き、春巻きにだし巻き!

そして2018年におすすめしたいのが、ズバリ!野菜の何か巻き!!(ズバッてない)

「巻く」っていうステップを加えるだけで、ぐっと気がきいてるビジュアルになるのは、なんででしょう?
ほめられるつまみとして、新年の家飲みにうってつけだと思うんです。

 

まずご提案したいのは、

おしゃれの代表、セロリを生ハムで巻いた

「生ハムドレスドセロリ」

ただ野菜を何かで巻くだけで、ワンランクアップして見えるから不思議。

 

続いて、貝割れ菜とサーモンを、大胆にも大根で巻いた

男子もときめく「大根のサーモンくるくる」!

 

ライスペーパーでかにかまと豆苗を巻いた

女子が大好き(偏見)「豆苗とかにかまの生春巻き」

 

さつまいもをベーコンで巻き、カマンベールチーズをのせて蒸し焼きした

甘じょっぱが意外と酒飲みに好評(笑)な

「とろけるカマンベールさつま」!

ね、やっぱり巻くって不思議。…と、雑な感じでまとめさせていただきます。

こんな簡単なことで褒められるなら、今年はなんでも巻いて生きていこうと思うのでした。

 

料理/市瀬悦子 撮影/鈴木泰介 文/編集部・小林
『オレンジページ』2018年1月17日号特別付録「野菜ひとつでおつまみ」より

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ8/2号

オレンジページ8/2号

2018年7月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.8

おとなの健康 Vol.8

2018年7月14日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!