レシピをさがす

  1. HOME
  2. 三菱電機の家電でもっと家事を楽しく!
  3. 第6回 三菱IHクッキングヒーターで 料理上手になろう!

2019.4.17

第6回 三菱IHクッキングヒーターで 料理上手になろう!

三菱IHクッキングヒーターで 料理上手になろう!みなさんはIHにどんなイメージを持っていますか? 安全性の高さや使いやすさはおなじみですが、意外と知られていないのが料理をおいしくする機能。三菱電機の最新IHを使えば、メインからデザートまで、大満足のメニューがラクラク作れちゃいます。

じつは「高火力」なんです。

IHは磁力発生コイルにより、鍋やフライパンそのものを発熱させて調理をします。火を使わないので「火力が弱いのでは?」と思われがちですが、じつは想像以上に高火力。最新の三菱IHなら最大火力は3.0kWで、1リットルの水を約2分で沸かすことができます。
          75cmワイドトップ CS-PT316HNWSR
機能1 機能2 機能3
三菱IHクッキングヒーターを使った料理教室が開催されました。岡本恵先生の調理デモを拝見後、みんなで実際にIHクッキングヒーターを使って3種の料理を作り、試食タイム。食後にはパンケーキを作り、デザートも楽しみました。
今回の講師
岡本 恵さん
フードコーディネーター。小田真規子さん主宰のスタジオナッツ所属。料理イベントや商品開発などで活躍。モットーは「魅せる料理」。
 

「対流煮込み加熱〈プラス〉」

肉じゃがやカレー、スープといった煮込み料理が上手に作れる機能。鍋底を分割で加熱し、さらに分割エリアごとに加熱と停止を繰り返すことで交互対流を起こします。これにより、鍋の中が自動でかき混ぜられ、煮くずれや焦げつきを抑えてくれるから、火加減の調整もいりません。対流の効果で具材にまんべんなくうまみがしみ込み、おいしさアップにもつながります。 多彩な加熱技を実現する「びっくリングコイルP(プレミアム)」 直径26cmある三菱IH独自の大口径IHコイルがおいしさの立役者。5分割されたコイルが調理に合わせて最適な加熱をしてくれるから、煮込みもフライパン料理もおまかせ! 
ゴロゴロミネストローネ レシピはこちら>>

鍋の湯が煮立ったら、メニューから「ゆでもの」を選べばOK。沸騰をキープしつつ、外向きと内向きの交互対流を自動で起こして吹きこぼれを抑えるので、差し水も火力調整も必要なし。麺類も野菜もむらなくおいしくゆで上がります。

 

「フライパン鍋肌加熱」

「ピラフやチャーハンをぱらりと上手に作りたい!」。そんな願いをかなえてくれるのが「フライパン鍋肌加熱」。鍋底はもちろん、従来のIHではむずかしかった鍋肌まで均一に加熱できるから、ご飯の一粒一粒にしっかり火が通り、仕上がりがべちゃっとしません。回鍋肉(ホイコオロウ)や青椒肉絲(チンジヤオロウスー)といった中華の炒めものも、この「フライパン鍋肌加熱」とパワフルな高火力との相乗効果で本格的なおいしさに。

※三菱電機従来品との比較。三菱独自の測定結果で使用条件により異なります。
「フライパン鍋肌加熱」は、焼きむらができやすいパンケーキ作りにも実力を発揮。全体に均一に加熱できるので、驚くほどキレイな焼き色がつきます。
 

「熱風循環加熱式」びっクリアオーブン

今までのグリルのイメージを覆す「熱風循環加熱式」を採用。自動で熱風を起こして庫内に循環させるので、途中で裏返さなくても両面をしっかり加熱することができます。から揚げやフライドポテトは、油を使わないノンフライ調理ができ、ヘルシーでさくっとした食感が楽しめます。庫内が広々しているため、高さのある食材もまるごと調理が可能。ローストビーフからパウンドケーキな どのお菓子まで、レパートリーも広がります。
今回の体験イベントでは、「フライパン鍋肌加熱」で焼いたパンケーキの上にのせるトッピング「りんごとナッツのカラメルグリル」を調理。耐熱皿に薄くスライスしたりんごを並べ、グラニュー糖、バター、シナモンパウダーをかけて「びっクリアオーブン」へ。〈グラタン〉メニューを選び、18~20分焼くだけ。刻んだアーモンドを混ぜ、パンケーキにのせたら完成。

料理は毎日のことだから、掃除のしやすさも重要なポイント。高さがあって底面がフラットな庫内は、奥までスムーズに手が届いて汚れをしっかり拭き取れます。

 

びっくリングIH外寸:幅748 ×奥行553 ×高さ231mm
質量:約27kɡ
定格電圧・消費電力:単相200V・5.8kW
付属品:レシピブック、グリルディッシュバリエ、ディッシュ専用あみ、専用天ぷら鍋
※合計消費電力量を超えるご使用の場合は、自動的にヒーター火力を調整します。

 

協力/三菱電機株式会社
お問い合わせ 三菱電機お客さま相談センター ☎0120-139-365

 

料理/岡本 恵(スタジオナッツ) 撮影/原 幹和 取材・文/小笠原章子 熱量・塩分計算/五戸美香(ナッツカンパニー) 

 

バックナンバー

サイト内検索