レシピをさがす

  1. HOME
  2. ジュニア料理選手権2019
  3. 【高校生部門】第8回ジュニア料理選手権 WEB投票

2019.10.1

【高校生部門】第8回ジュニア料理選手権 WEB投票

ジュニア料理選手権

一次選考通過作品 高校生部門

ししゃもと
サラダパプリカの
ごちそうごはん

大西志の歩さん(北海道・17歳)

レシピのポイント

釧路は夏でもとても涼しいところです。この涼しさを利用し、3年前からパプリカ栽培が盛んです。このパプリカはとても細長い形をしていて、実が薄く、甘くて果実でも食べているような味わいです。「日本で一番おいしいパプリカ」というキャッチフレーズがあるくらいおいしくて、本当にびっくりします。
このパプリカと、釧路の有名な魚「ししゃも」を合わせて作ってみました。このパプリカの細長い形は、ししゃもを一匹のせるのにぴったりでした。パプリカの中にはホクホクじゃがいもを入れ、高野豆腐やにんじん、枝豆を入れ、見た目もとてもきれいです。おいしさと栄養がいっぱいで、祖父も元気いっぱいになってくれます!!

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

私の祖父は今年で93歳になりました。今まで病気らしい病気もしたことがなく、冬になると雪かきに一生懸命なくらい、とても元気です。祖父は肉がとても好きで野菜はあまり食べません。高齢になり、肉だけではなく、魚や野菜をたくさん食べられるようにと、魚と野菜がメインの料理を考えてみました。この料理を食べてこれからも、もっともっと元気でいて欲しいです。

ゆずうどん
〜虹色春巻き添え〜

箕面自由学園高等学校
もみたーず(大阪府)

レシピのポイント

うどんは私たちの手打ちで、ゆずをたくさん使っているので、後味があっさりとしています。ゆずの風味がよくなるように何度も作りました。こしが出るようにたくさんこね、麺の太さを調節しました。そして、麺つゆをジュレにしたことで、麺とよくからみ、さらにおいしく仕上げました。
春巻きは5種類作りました。和風だったり、洋風だったり、一つ一つ違うので、飽きずに楽しんで食べることができます。とくに私たちは〈たこ焼き味〉がオススメです。合わないと思っていた組み合わせが意外においしくなりました。このメニューで約30品目の食材をとることができます。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

毎日暑いなか、家族のために働いてくれている両親のために感謝の気持ちを込めて作りました。いつも仕事から帰ってくると「暑い。食欲あんまりない」と言っている両親に、食欲がなくてもさっぱりと食べられるようにゆずをふんだんに練り込み、のどごしのよい手打ちうどんに仕上げました。うどんのアクセントになるように、5種類の春巻きを作りました。春巻きにはたくさんの具材が入っていて栄養豊富です。これを食べて働く活力にして欲しいと思いました。

島根の野菜いっぱい!
ベジタブルボート

髙梨有希乃さん(島根県・17歳)

レシピのポイント

島根県の特産品といえばしじみを思い浮かべる人も多いと思いますが、島根県にも多くの農産物があります。私はそのなかから、とうもろこし、枝豆、サンチュ、ミニトマト、玉ねぎ、しいたけ、出西生姜、ゆず、茶葉を使い、それを船に見立てたズッキーニに盛ることで、島根野菜の宝船をイメージした料理にしてみました。
茶葉を肉だねの中に入れると、肉の臭みを消してとてもあっさりと食べることができます。また、ゆずみそといっしょに食べると口いっぱいにゆずの香りが広がり、味に深みがうまれます。出西生姜とは、出雲市斐川町の出西地区で栽培されている、さわやかな辛みが特徴のしょうがです。見た目はイタリアンですが、味つけは和風テイストに仕上げています。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

父は肉類のなかでも、とりわけ豚肉が大好きです。豚肉は、疲れをとってくれる栄養があるといわれています。そこで、一日一生懸命働いて疲れて帰ってくる父に、大好きな食材、豚肉を使った料理を考えてみることにしました。
ある日、祖母が育てた黄色と緑色のズッキーニをもらいました。はじめは黄色と緑色で何が違うのか、色の違いが何と関係しているのか、わかりませんでした。調べてみるとズッキーニの黄色には目の老化を防ぐ栄養があり、緑色には抗酸化作用のある栄養があり、どちらもバランスよく食べる必要があることがわかりました。体の老化を防ぐ栄養をとることで、父にいつまでも健康に長生きして欲しいと思います。
我が家のズッキーニの定番といえば、ベーコンといっしょに炒めた料理でしたが、何かもっと、この淡泊なズッキーニを使って、ボリューム満点な料理方法はないかと思い、この料理を考えました。
そこで豚ミンチにいろいろな野菜を合わせて、一品で栄養価のあるものを作ってみることにしました。

博多辛子明太子と
カリカリ海老天揚げの
“勝ち飯”あんかけ丼

小嶋恭平さん(福岡県・16歳)

レシピのポイント

博多名物・辛子明太子をメインに使った“勝ち飯”あんかけ丼。辛子明太子はあんかけと絡めることで旨味が引き立ち、地元ならではの味わいに仕上がりました。海老天揚げに使われている海老は、タウリンやビタミンEが含まれていて、疲労回復、アンチエイジングなどの効果があります。それと一緒に健康食の一つと言われている豆腐を混ぜ込むことで、コレステロール値の低下も期待できます。また、材料に、小麦粉ではなく米粉を使うことでグルテンフリーになり、免疫力の向上、あらゆる健康や美容が見込める一品となりました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

食欲旺盛な家族のためにガッツリとした力の出るメニューを食べてもらいたくて作りました。毎日仕事熱心な父や家事に一生懸命な母に普段なかなか伝えられない感謝の気持ち、勉強や部活に励む妹たちに応援の気持ちを込めて作りました。

南国パワーを取り込め!
太陽(ティーダ)カレー

金城楓さん(沖縄県・17歳)

レシピのポイント

高齢者に不足しがちなタンパク質・カルシウムを美味しく取り込めるように、大豆やサバ缶を使いました。夏バテ予防定番のゴーヤーとパイナップルを入れることで、沖縄らしさと味のアクセントもプラスしました。
食べたい時にすぐに作れるよう、身近な食材を使って、手軽で簡単に作れます。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

夏バテ気味で食欲が落ちているおじいちゃんのために、栄養価の高い食材や沖縄の野菜・フルーツを使って、栄養を取りながら美味しく食べられるような料理を考えました。
このカレーを食べて、もっと元気になって長生きしてほしい、そんな思いを込めて作りました。

「だし」でたべる!
うちなー水餃子

中曽根彩雪さん(沖縄県・15歳)

レシピのポイント

水餃子は皮から作り、モチモチにしました。具は、沖縄の油みそで味つけをして甘めにし、食感が楽しめるもずくも使用しました。かけて食べる「だし」には、夏野菜をふんだんに取り入れました。もう一種類のつけだれは、ポン酢にシークワーサーを絞り、さっぱり感を出しました。お好みで〈かけて〉〈つけて〉、いろいろな味で楽しんで欲しいです。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

遠く離れた山形に住んでいる祖父と祖母のために作りました。祖父は餃子が大好きなので、暑いときにも食欲のわく水餃子にしました。また、夏バテ防止にもなる、なすときゅうりとオクラを使った山形の郷土料理である「だし」を使用しました。この料理は、暑いときにもつるつるっと食べられるので、夏のお盆に帰ったときに作って、食べさせてあげたいです。いつまでも元気な“おじいちゃん”“おばあちゃん”でいて欲しいです。

中学生部門、高校生部門、それぞれからよいと思うレシピを選び、投票してください。

WEB投票は終了しました。 投票ありがとうございました。

投票締め切り:2019年10月25日(金)

中学生部門はこちら

バックナンバー

サイト内検索

  • 勝ち飯

    ※「勝ち飯®」は味の素㈱の登録商標です。

    「勝ち飯®」はトップアスリートのサポートから生まれた、味の素㈱の栄養プログラム。朝食、昼食、夕食の3食の「食事」と、必要な栄養素をタイミングよく補う「補食」の2つの要素からできています。「食事」では、5つの輪(主食、主菜、汁物、副菜、牛乳・乳製品)がそろうと、栄養バランスがいい食事になります。①たんぱく質②野菜③汁物の3つのポイントを意識すればご家庭でも簡単に「勝ち飯®」を実践できます! なかでも「汁物」は、食材を工夫することでたんぱく質と野菜がいっしょにとれる、おすすめメニューです。

    特別審査員はこちらのお二人!

    片岡 護さん
    イタリア料理界の巨匠
    片岡 護さん
    (イタリア料理店「リストランテ アルポルト」オーナーシェフ)
    瀬戸優佳さん
    「勝ち飯®」マイスター
    瀬戸優佳さん
    (元飛込日本代表選手・競泳日本代表 瀬戸大也夫人)
    勝ち飯」実践中!