レシピをさがす

  1. HOME
  2. ジュニア料理選手権2018
  3. 第7回「ジュニア料理選手権」受賞作品

2018.12.17

第7回「ジュニア料理選手権」受賞作品

第7回「ジュニア料理選手権」を徹底リポート

島野菜ぎゅっと ナンサンド

中曽根彩雪さん(沖縄県・14歳)

苦みのあるゴーヤーをナンに練り込みました。照り焼きチキンはシークヮーサーのたれで仕上げ、ボリューミーだけどさっぱり食べられます。鉄分が豊富な島野菜・ハンダマもいっしょにはさんだ、栄養満点の一品です。

野菜が好きな母のために、野菜をたくさん使ったレシピに。ハンダマは、疲労回復の効果があるので、これを食べてがんばってほしいです。

 

岐阜の幸グリル!
心ほっこり朴葉味噌添え

宇野佑菜さん(岐阜県・16歳)

岐阜の山をイメージして作りました。山の幸であるきのこをたっぷり食べられます。食事中に癒やされてほしいから、にんじんは花の形の飾り切りに。どれも朴葉味噌につけて食べられるようになっています。

「調理師になりたい」という夢をずっと応援してくれている父に「いつもありがとう、私もがんばるよ」と伝えるために作りました。

準グランプリ 中学生部門

ふわっふわ! 音戸ちりめんとれんこん揚げ
〜レモンソースがけ〜 

神田小華さん(広島県・13歳)

毎日仕事を頑張ってくれている両親に、父の好きなれんこんと母の好きなレモンを使って作りました。れんこんは食感を楽しめるよう、半分はみじん切り、半分はすりおろしにしました。生しらす(ちりめん)とかんきつ類をいっしょに食べるとカルシウムの吸収率がアップするのもポイントです。


頑張る父へ!
鮭と色彩り野菜炒めの
ねぎだれがけ

城里町立常北中学校 チーム常北(茨城県)
益子優希さん・菊池羽紘さん

お互いの父を思いながら、それぞれの仕事に合わせた料理を一皿に。アンチエイジング食材といわれる鮭をメインに、力仕事の父にはオクラや山いものネバネバとねぎだれでガツガツ系に。デスクワークの父には目にいいブルーベリーを添えました。地元食材を使って地産地消にもチャレンジ!

準グランプリ 高校生部門

佐久鯉de疲労回復
ソバの実リゾット

萩原彩音さん(長野県・16歳)

この春、祖父が倒れてしまい、今は父が祖父の畑を守っています。平日は仕事で遅くに帰宅し、土日は畑に出ていく父に、郷土料理の鯉こくからヒントを得て、栄養満点で、夜遅くに食べても胃もたれしないリゾットを作りました。この一品で、地元・佐久市のうまみが存分に味わえます。


regalo〜贈り物〜

箕面自由学園高等学校 YUZUMISO(大阪府)
田村沙里奈さん・河内怜奈さん・松井優子さん・牧谷美優さん

卵をたっぷり使ったゆず風味の手打ちカネロニで、白身魚や野菜、チーズを包みました。かぼちゃとほうれん草の2色のソースで彩りよく仕上げています。お世話になった部活の先輩がたに感謝と応援の気持ちをこめ、パプリカで作ったリボンを添えて「贈り物」をイメージしました。

勝ち飯賞

中学生部門

TIKINN×UDONN
〜うどんとチキンで世界の旅へ!〜

藤岡市立北中学校
Funny Girls(群馬県)
近藤彩音さん・青木萌ノ香さん

体調をくずしてしまった調理指導の飯出先生に、元気の源になるような一皿を作りました。うどん生地は野菜を練り込んでカラフルにし、先生が大好きなチキン南蛮をトッピング。4つのソースで旅行気分を味わえます。

高校生部門

牡蠣のはりきりピザ
〜豆腐ソースのせ

大西志の歩さん(北海道・16歳)

いつも家族のために頑張ってくれている父に、ピザを作りました。父の大好物でもあり、釧路の名産でもある牡蠣は、栄養満点で疲労回復の効果もあります。ピザソースには豆腐を使い、野菜もたっぷり食べられます。

勝ち飯

※「勝ち飯®」は味の素㈱の登録商標です。
「勝ち飯®」とは、がんばっているさまざまな人の目標をかなえるカラダづくり、コンディショニングを、バランスのよい三度の食事と補食で実現する、味の素㈱の長年の食とアミノ酸研究を生かした栄養プログラムです。

特別審査員賞

中学生部門

里えびバーグ
抹茶ソース添え

古川奈々生さん(静岡県・15歳)

地元の新鮮な食材と、母の実家が生産しているお茶を使った料理を考えました。ひき肉の代わりに里いもを使い、粘りを出したのがポイントです。具材に使った干ししいたけは、もどし汁をソースに使ってうまみをプラス!

高校生部門

大葉でさっぱり
香港飲茶!

棚瀬優実子さん(愛知県・15歳)

香港出身の父に広東料理を食べさせてあげたくて作りました。愛知県が生産量全国1位の大葉を使い、シュウマイの皮には絞り汁を練り込み、たれにはせん切りにしたものを添えました。大葉の香りも楽しめる一品です。

オレンジページ賞

中学生部門

地産地消 野菜肉巻き

高嶺魁伸さん(沖縄県・14歳)

疲労回復、生活習慣改善にも役立つ梅干しを沖縄アグー豚で肉巻きに。最近、沖縄の農家の人たちの高齢化、人口減少が目立ってきていると聞いたので、沖縄食材を使うことで、農業が活発になるよう思いをこめました。

高校生部門

スタミナゴーヤギョーザの
半面フライ

竹内唯起さん(愛知県・16歳)

子どものころ、ゴーヤーの苦みが苦手な僕に、祖母が油で揚げることで苦みを減らしたゴーヤーフライを作ってくれました。そこからヒントを得て、父の大好きな餃子の具を詰めた半面フライに。見た目もきれいで、父にも大好評でした。


惜しくもグランプリ、優秀賞は逃したものの、人気の高かった作品が選ばれました。


“おいしく食べて健康づくり”という味の素㈱グループの志にぴったりの栄養バランスがとれた、
作り手の思いがこもったレシピ

Eat Well, Live Well.
味の素㈱賞

  • 【1】「暑い夏をのりこなそう」昭和女子大学附属昭和中学校 徳山 凛
  • 【2】「京風 スタミナたくさんつけよう麻婆茄子」京都市立洛北中学校 神林 優
  • 【3】「必勝飯」佐賀県東明館高等学校 まり&よしの
  • 【4】「夏野菜たっぷりトマトの冷製太平燕」熊本県立翔陽高等学校 稲葉さくら
  • 【5】「洗い物なし! 断水でも作れる勝ち飯」広島県呉市立川尻中学校 角野紗那
  • 【6】「カツ鯛めしドッグ~彩り野菜のソースを添えて」愛媛県済美高等学校 ニコニコ家4姉妹
  • 【7】「疲労回復! リンゴの肉づめ」群馬県立利根実業高校 チームりんご橋
  • 【8】「へべすテーキとオニオンチーズスープ」宮崎市立宮崎東中学校 髙木と日髙
  • 【9】「夏バテ解消力めし」都立晴海総合高等学校 齊藤 華
  • 【10】「カラフルディップ♪‘和’キーマカレー」田園調布雙葉高等学校 田園調布雙葉

だしの風味が生きているレシピや、白だし・めんつゆを効果的に使ったレシピ

いいだし、いい鰹節。
ヤマキ賞

  • 【1】「にんじんしりしり」愛知県立高浜高等学校 小林瑞歩
  • 【2】「疲労回復ごはん」大阪成蹊女子高等学校 今泉和花
  • 【3】「ワカメとジャコの冷やしうどん」愛知県豊田市立藤岡中学校 澤田悠有
  • 【4】「おこげあんかけレンコン団子」兵庫県立社高等学校 竹中美乃
  • 【5】「ねばねばさっぱり豆腐ハンバーグ」宮崎市立宮崎東中学校 野中 彩
  • 【6】「生姜でさっぱりそぼろあんかけ丼」東京都立農業高等学校 村上佳織
  • 【7】「2色ベジうどん」東京都葛飾区立桜道中学校 葛飾区桜道中学校1年
  • 【8】「西日本豪雨で被災された方々のためのごはん」東京都立農業高等学校 渡邊栞女
  • 【9】「勝男(カツオ)飯deドリアwith茶節」鹿児島県立鹿児島水産高等学校 新原清佳(コンカツ隊)
  • 【10】「きらきらカップそうめん」愛媛県立大洲農業高等学校 食物班

食べたあとに、ホッとひと息つきたくなる、心温まるレシピ

いつでも、ふぅ。AGF賞

  • 【1】「カレー&エッグ・サンド」京都市立洛北中学校 RHC
  • 【2】「ボリューム・栄養満点 夏野菜キッシュ」大阪市立咲くやこの花高等学校 佐伯穂果
  • 【3】「ハワイアンシュリンプバーガー」大牟田市立宅峰中学校 黒田真生
  • 【4】「キーマカレーパン」和歌山県立海南高等学校 名手真白
  • 【5】「放課後まで元気朝食」東京都立農芸高等学校 柳井田小春
  • 【6】「簡単ケークサレ」東京都立農芸高等学校 梅田望結
  • 【7】「ロールサンドイッチ〜梅えから沢あん食べりん〜!!」愛知県立豊橋東高等学校 太田未来
  • 【8】「彩りのあるサバのパスタ」生駒市立生駒中学校 豊西奈緒
  • 【9】「勝つ!サンド」昭和女子大学附属昭和中学校 篠塚 雛
  • 【10】「栄養たっぷり!!クレープ風サンドウィッチ」兵庫県立農業高等学校 田平琴音

オイルを上手に使ったアイディアレシピ

J-オイルミルズ賞

  • 【1】「夏もモリモリそうめん生春巻」奈良県天理市立西中学校 畷 和磨
  • 【2】「茄子南蛮」宮崎市立宮崎東中学校 こうたくみbrothers
  • 【3】「目指せ! 骨太! 桜えびとチーズのチヂミ」愛知県立豊丘高等学校 堀内 杏
  • 【4】「夏野菜の宝石箱」静岡サレジオ中学校 河村菜摘
  • 【5】「もぉ〜箸が止まらん!栄養満点 我が家の牛めし」香川県三豊市立豊中中学校 森 彩葉
  • 【6】「トマティーナはじめました。」箕面自由学園高等学校 MJG Cooking Club
  • 【7】「まるッと しいたけ しゅうまい」川崎市カリタス女子中学校 泉澤真由
  • 【8】「がんばる桂中アスリートのために作った“よくばり ぴたぱんサンド”」京都市立桂中学校 桂中学校家庭科部
  • 【9】「4種の野菜の鶏肉包み焼〜梅酢ソース〜」松本第一高等学校 会田結夏
  • 【10】「合格バーグともっち餅おにぎり」奈良県立高田高等学校 高田もぐもぐ部

素材の味が引き立つもの、エピソードが印象的なものなど、 個性の光るチャレンジ精神のあるレシピ

おいしい&ワクワク 
オレンジページ賞

  • 【1】「“グルテンフリー”良いとこトコトコ Healthy Burger」群馬県立利根実業高等学校 ソバコメGirls
  • 【2】「鹿バーガー」原村立原中学校 大山紗羽
  • 【3】「琵琶湖の“幸”と“アユ”む」洛星中学校 谷口佳也
  • 【4】「ハワイ鯉物語ピザ ~鯉に秘められた熱いストーリー~」湯梨浜町立北溟中学校 北溟中学校科学部
  • 【5】「ヤンバル産鶏肉の油みそライスコロッケ」宜野湾市立宜野湾中学校 パナレラ斗勝俊太朗
  • 【6】「五平餅風~豚くるみだれロール~」岐阜県立瑞浪高等学校 青木友花
  • 【7】「ごぼ鶏」春日井市立南城中学校 佐田尾太一
  • 【8】「兄ちゃんがまだせ(がんばれ)丼」 嘉島町立嘉島中学校 SRS
  • 【9】「秋刀魚の蒲焼出汁茶漬け~トマトジュレを添えて~」東大阪大学敬愛高等学校 小畑光輝
  • 【10】「丸ごと玉ねぎのミックスグラタン」須磨翔風高等学校 3班

撮影/ナカムラ ユウコ 料理スタイリング/市沢衣久 取材・文/児玉知子

バックナンバー

サイト内検索

  • 勝ち飯

    ※「勝ち飯®」は味の素㈱の登録商標です。
    「勝ち飯®」とは、がんばっているさまざまな人の目標をかなえるカラダづくり、コンディショニングを、バランスのよい三度の食事と補食で実現する、味の素㈱の長年の食とアミノ酸研究を生かした栄養プログラムです。