レシピをさがす

  1. HOME
  2. ジュニア料理選手権2018
  3. 【高校生部門】第7回ジュニア料理選手権 WEB投票

2018.9.28

【高校生部門】第7回ジュニア料理選手権 WEB投票

ジュニア料理選手権

一次選考通過作品 高校生部門

牡蠣のはりきりピザ
〜豆腐ソースのせ

大西志の歩さん(北海道・16歳)

レシピのポイント

栄養いっぱいで「海のミルク」とも呼ばれている「カキ」をのせ、ピザソースは豆腐に、人参と枝豆を混ぜた2色ソースにしました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

いつも私達のために、頑張っているお父さんのために作りました。お父さんは、野菜が好きで、たくさんの野菜を毎日食べています。また、「カキ」も大好きです。釧路は「カキ」の産地としても有名で、栄養もいっぱいで疲れをとってくれる働きもあります。ピザにはカキをのせ、野菜を使った豆腐ソースにしました。このピザを食べて、はりきって毎日過ごしてほしいです。

佐久鯉de疲労回復
ソバの実リゾット

萩原彩音さん(長野県・16才)

レシピのポイント

・地元の鯉を使いました。
・地産地消にこだわり、この一品で長野県佐久市のうま味が存分に味わえます!
・栄養満点の料理にしました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

いつもがんばっているお父さんのために作りました。春、おじいちゃんが急に倒れてしまい、今も入院しています。そのため、お父さんとお兄ちゃん(父の)でおじいちゃんの畑を守っています。お父さんは仕事で夜おそくかえってきて、土日は畑にいってしまいます。そんながんばっているお父さんが夜おそくに食べても胃もたれしないようにし、かつ栄養満点にしました。これをたべて元気になってもらいたいです。

岐阜の幸グリル!
心ほっこり朴葉味噌添え

宇野佑菜さん(岐阜県・16才)

レシピのポイント

この料理は岐阜をイメージして、一番に浮んできたのは山で、山の幸のきのこ類や朴葉を使い、岐阜の温かさを表現しました。にんじんは、お父さんに食事中に癒されてほしいから花の形に工夫しました。全部みそにつけて食べる事ができるように工夫しました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

私が小さい頃からもっている「一人前の調理師になりたい!」という夢を今もずっと信じて応援してくれていて、家族のためにも夜遅くまで仕事をしてお腹をすかせて帰ってくる父に「いつもありがとう! 私も頑張るよ!」という思いをこめて作りました。これを食べて、もっと笑顔に!元気になってもらいたいです。

スタミナゴーヤギョーザの
半面フライ!

竹内唯起さん(愛知県・16才)

レシピのポイント

半面だけ衣をつけるのは難しいので、小麦粉と卵と水を混ぜたものをつけてからパン粉をつけました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

小さい頃、僕がゴーヤが苦くて食べられなかったのを見て、祖母が工夫して両面に衣をつけたゴーヤフライをつくってくれました。祖母はゴーヤ天ぷらを作ったときに油で揚げるとゴーヤの苦みが減ることを知ったそうです。

大葉でさっぱり
香港飲茶!

棚瀬優実子さん(愛知県・15才)

レシピのポイント

愛知県生産量全国1位の大葉をたっぷり使用するためと見た目が鮮やかになるように、シューマイの皮に絞り汁を練り込むことにしました。大葉の香りも楽しめるように千切りにしたものをたれと共に添えました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

父が香港出身なので広東料理を食べさせてあげたいと思い、香港にいくといつも飲茶をするのでその1つであるシューマイを作ることににしました。父は香味野菜が好きなので愛知県が生産量1位の大葉を使うことにしました。大葉には食欲増進、老化予防などがあるので夏バテを防止し、いつまでも元気でいられるようにと思いこのレシピを考えました。

regalo
〜贈り物〜

箕面自由学園高等学校
YUZUMISO(大阪府)

レシピのポイント

ゆずは私たちの地元箕面の特産品です。卵たっぷりゆず風味の手打ちカネロニで、白身魚と地元の野菜、チーズを包みました。ソースはみそを使ったかぼちゃと、ほうれん草の2色にして、いろどりよく仕上げました。トッピングはゆず風味のフワフワのメレンゲをあぶって香ばしさを出しました。最後にカリカリのレンコンをのせて、完成です。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

私達は家庭科部2年生の女子4人組です。部活でお世話になった先輩方は今、それぞれの進路に向けて頑張っているので、日頃の感謝と応援したいという気持ちを込めて、一皿の"贈り物"を届けたいと思いました。たんぱく質やビタミンなど栄養たっぷりでパワーアップ。見た目も華やかで幸せになる料理を作りました。

WEB投票は終了しました。 投票ありがとうございました。

中学生部門はこちら

バックナンバー

サイト内検索

  • 勝ち飯

    ※「勝ち飯®」は味の素㈱の登録商標です。
    「勝ち飯®」とは、がんばっているさまざまな人の目標をかなえるカラダづくり、コンディショニングを、バランスのよい三度の食事と補食で実現する、味の素㈱の長年の食とアミノ酸研究を生かした栄養プログラムです。