レシピをさがす

  1. HOME
  2. ジュニア料理選手権2018
  3. 【中学生部門】第7回ジュニア料理選手権 WEB投票

2018.9.28

【中学生部門】第7回ジュニア料理選手権 WEB投票

ジュニア料理選手権

一次選考通過作品 中学生部門

頑張る父へ!
鮭と色彩り野菜炒めの
ねぎだれがけ

城里町立常北中学校
チーム常北(茨城県)

レシピのポイント

仕事の疲れに効くよう、疲労回復に役立つ食材をふんだんに使いました。また、地元の食材にして、地産地消にも取り組みました。アンチエイジング食品として注目されている鮭をメインとして使用し、健康にもやさしく仕上げました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

お互いジャンルが全然違う仕事をしているお父さん達。二人の両方に食べてもらうためにはどうすればいいか。と考えた時、それぞれの仕事に合った料理を作る事にしました。オクラや山いもを使ってネバネバの力で元気になれて、力仕事の父にはねぎだれを使い、ガツガツ系に。デスクワークの父には目に良いブルーベリーを使い、お互いの健康や疲労回復に配慮して作った一品になりました。

TIKINN×UDONN
〜うどんとチキンで
世界の旅へ!〜

藤岡市立北中学校
Funny Girls(群馬県)

レシピのポイント

群馬と言えば粉物文化!そこで私達は粉物を代表するうどんをつくりました。うどんをつくる時、生地に野菜等をねり込みカラフルにしたり、先生の大好きだというチキン南蛮もトッピングしました。チキンには世界味(ワールドあじ)のタレをかけて、めしあがれ♪旅行気分が楽しめますよ。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

私達の大好きな調理指導の先生・飯出さんは第2のおばあちゃんのような存在です。しかし飯出さんは最近体調をくずしてしまい、食欲が落ち、心も体も疲れてしまったようです。そこで、とてもおいしくて栄養たっぷりで心から疲労回復ができ、元気の源になる1皿にしました。食欲が無くても、うどんならツルツル食べられるし、飯出さんの大好物も入れ、モリモリ食べられるようになっています。チキン南蛮のタレは沢山の種類があり、世界旅行気分になれるworldな味になっています。

里えびバーグ
抹茶ソース添え

古川 奈々生さん(静岡県・15才)

レシピのポイント

・ソースの抹茶の色がきれいに出るように、塩を混ぜました。
・ハンバーグのひき肉ではなく、里芋を使いました。
・静岡県産の干ししいたけ、桜えび、里芋、抹茶を使いました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

私の家は、食品スーパーです。お店には、全国や世界の食品がたくさん並んでいます。その中で、静岡県や藤枝市の生産品を探してみると、とても新鮮で、価値の高いものやなかなか県外では売っていないものがあり、それを使った料理を考えました。母の実家が、静岡の特産品である「お茶」を生産しているので、ぜひお茶も使いたいと思いました。これを食べて静岡にはおいしいものがあると知ってもらえたら嬉しいです。

ふわっふわ!
音戸ちりめんとれんこん揚げ
〜レモンソースがけ〜

神田 小華さん(広島県・13才)

レシピのポイント

・れんこんの食感を楽しむために、半分みじん切り、半分すりおろしにしました。
・スプーンを2つ使って形を整えるのがとても難しかったが工夫した点です。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

毎日、頑張ってくれているお父さんとお母さんにむけて作りました。この『ふわっふわ!音戸ちりめんとれんこん揚げ〜レモンソースがけ〜』を食べてこれからも仕事を頑張ってほしいです。元気になってほしいです。

地産地消
野菜肉巻き

高嶺 魁伸さん(沖縄県・14才)

レシピのポイント

バテやすい夏にはすっぱい物を入れると良いとあったので、肉巻きの中に梅干しを入れてみました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

最近沖縄の農家の人達の高齢化、人口減少が目立ってきていると聞いたので、沖縄産の素材を使った料理を作れば沖縄の農業が活発になると思ってこの料理を作りました。

島野菜ぎゅっと
ナンサンド

中曽根 彩雪さん(沖縄県・14才)

レシピのポイント

苦みのあるゴーヤーをナンにねりこみ、食べやすくしました。照り焼きチキンはシークワァーサーでさっぱりと仕上げました。鉄分が豊富なハンダマをはさみ栄養満点の一品にしました。

料理のエピソード

●料理はだれのために作りましたか?
また、どんな気持ち・メッセージがこめられていますか?

毎日、がんばっている母のことを思って作りました。母は野菜が好きなので、野菜を多めに使った料理を作ろうと思いました。島野菜のハンダマは疲労回復の効果もあるそうなので、これを食べてがんばってほしいなと思いました。

中学生部門、高校生部門、それぞれからよいと思うレシピを選び、投票してください。

投票締め切り:2018年10月25日(木)

投票ページへ

高校生部門はこちら

バックナンバー

サイト内検索

  • 勝ち飯

    ※「勝ち飯®」は味の素株式会社の登録商標です。

    「勝ち飯®」はトップアスリートのサポートから生まれた、味の素(株)の栄養プログラム。朝食、昼食、夕食の3食の「食事」と、 必要な栄養素をタイミングよく補う「補食」の2つの要素からできています。「食事」では、5つの輪(主食、主菜、汁物、副菜、牛乳・乳製品)がそろうと、栄養バランスがいい食事になります。なかでも「汁物」は、食材を工夫することでたんぱく質と野菜がいっしょにとれる、おすすめメニューです。

    特別審査員(予定)

    松田丈志さん
    「勝ち飯®」アンバサダー
    松田丈志さん

    競泳の日本代表として、アテネ2004大会・北京2008大会・ロンドン2012大会・リオ2016大会とオリンピックに4大会連続で出場し、計4つのメダルを獲得。