レシピをさがす

  1. HOME
  2. パナソニックIHクッキングヒーター
  3. パナソニック IH 搭載グリル「ラクッキングリル」を使った3人のシェフによる料理教室が開催されました!

2020.1.10

パナソニック IH 搭載グリル「ラクッキングリル」を使った3人のシェフによる料理教室が開催されました!

パナソニック IH 搭載グリル「ラクッキングリル」を使った3人の匠による料理教室が開催されました!
最新のIHクッキングヒーターが完備されたコトラボ阿佐ヶ谷で、和食・中華・スイーツの3人のシェフによるIHグリルを使った料理教室が開催されました。シェフたちから直接手ほどきを受けながら、特製レシピを味わえるぜいたくなひととき。スペシャルな3日間の様子をお伝えします。
「賛否両論」 笠原将弘シェフの豪華和食
予約の取れない和食店「賛否両論」の店主で、鶏料理のプロでもある笠原シェフ。最新のIH搭載グリル「ラクッキングリル」の機能をフル活用し、下味をつけて冷凍した鶏肉を解凍せずそのまま調理したり、丸鶏一羽まるごとを驚くほど簡単に焼き上げたり、和のごちそう鶏料理を教えてくれました。
夕飯のおかずはもちろん、お弁当にも活躍しそうな「鶏肉のみそ照り焼き」と、ハレの日のテーブルに似合う「丸鶏の香り焼き」。焦げやすい味つけ肉も、ちょっとハードルが高い鶏の丸焼きも、IH搭載の「ラクッキングリル」で、簡単に、おいしくできました!
「凍ったままIHグリル」なら冷凍鶏肉も解凍いらずで、すぐごちそうに!
「鶏肉のみそ照り焼き」は、肉に下味をつけて厚みを均一にして冷凍しておけば、食べたい時に冷凍のまま解凍せず、そのままグリルへ。あとは「凍ったままIHグリル」メニューから「とりつけ焼き」を選ぶだけでOK。その簡単さに参加者もびっくり。熱の立ち上がりが早く、細かい温度コントロールが得意なIHが、外はパリッと中はうまみたっぷりに焼き上げてくれました。
凍った状態でグリルに入れて、予熱なしで焼き上がりまでわずか20分。「こんなにラクしていいの? と思ってしまうほどですよね。でもお店の厨房でも家庭の台所でも、いい道具は料理をおいしくします」と笠原シェフ。
黒川ひろみさん
冷凍肉でも水っぽくなく、焼き色もよく、おいしかったです。火力も申し分ないですし、庫内が掃除しやすくてきれいに使えそう。オーブンの代わりにも活躍しますね。「ラクッキングリル」がこんなに使いやすいと思いませんでした
高さ10cmの広々グリルだから大きな丸鶏だってまるごと焼き上がる!
続いては「丸鶏の香り焼き」。「このグリルはとにかく広いんです」と高さ10.1cmもある広い庫内に大きな丸鶏を入れた笠原シェフ。しばらく焼くとグリル皿を取り出し、つけ合わせの野菜を追加。焼き網のないグリル皿だから小さな野菜もいっしょに焼けるそう。おいしくできて、洗いものも減るとはうれしいかぎり! 最後に焼き上がった丸鶏のさばき方もていねいに教えてくれました。
「ラクッキングリル」はまるで引き出し式のオーブン。あつあつのグリル皿の出し入れも簡単です。 広くてフラットな四角い庫内はLEDつきで、調理中の様子もよく見えます。庫内をのぞいた参加者から「焼けてきた!」と歓声が上がりました。
村野雅子さん
庫内がとっても広かったです。タッチパネルも操作しやすく、想像以上に簡単に料理ができてびっくり。また、オールメタル対応IHなら、IH用じゃないアルミフライパンや銅鍋を使っても大丈夫だとは知りませんでした。進化しているんですね!
舞台裏では素材作りのために畑に立ち、表舞台では最高のパフォーマンスを追い求めデザートライブに力を注ぐ。常に驚きを届けてくれる鎧塚シェフは、最新IH搭載グリル「ラクッキングリル」の広さと温度調整機能をフル活用し、大きな鍋で作る一風変わったスフレとプリンを披露してくれました。
オーストリアの伝統的なスフレ菓子「ザルツブルガーノッケルン」と、大きな鍋からぜいたくに取り分けて食べる「ショコラプリン・ア・ラ・モード」。この珍しさと意外性はおもてなしにぴったり。どちらも鍋ごと作れるのは、広い庫内のIH搭載「ラクッキングリル」だから。グリルで作ったことを知ったら、きっとみんな驚くはず!
予熱なしで、わずか10分高さのある庫内でスフレがふっくら!
「ザルツブルガーノッケルンは、ザルツブルクの山々という名のスフレです。山を3つ作って焼き上げます」と鎧塚シェフ。見慣れぬスイーツに参加者も興味津々です。28cmの大きなオーバル鍋にそびえる3つの山も、広くて高さがある庫内へラクラク入り、加熱がスタート。「予熱なしで作れるのが「ラクッキンググリル」のよさです。温度調整もすぐできます」。途中で温度を変えて約10分。ふんわり、こんがり、焼き上がったスフレが姿を現しました!
鍋ごと調理するときにはグリル皿を取り出し、直接庫内へ鍋を入れます。
ワンタッチで簡単にはずせる扉は、洗いやすいだけでなく、重い鍋を出し入れするときなどにも便利です。
関本麻美さん
オーブンがめんどうで敬遠していたお菓子作りも、これなら気軽にできそうです。もちろんお料理もできますものね。電気代が高くないことや、オールメタル対応IHなら、いま使っている鍋も使えそうで、IHの印象がガラリと変わりました!
繊細な温度調整が得意なIH搭載グリルならプリンも湯せんなしで、でき上がり!
湯せんが不要で、しかもグリルでプリンができる!? と半信半疑の参加者もいたプリン作り。「昔はシェフにしか作れなかった繊細なスイーツも、今はIHが温度調整を上手にやってくれるので家庭でも作れます」という言葉どおり、加熱むらもなくきれいな仕上がりは見事。口当たりもとってもなめらかでした。これぞ、80~280℃の幅広い温度帯を自在に調整して調理できる「ラクッキングリル」のなせるワザ!
IH対応鍋でグリルに入るサイズなら、直接入れても問題なし。オーブンよりも手軽です。
「家で作るスイーツは楽しく作るのがいちばん! 多少失敗しても気にせず、気軽にどんどんいろんなものを作ってみてください」と鎧塚シェフ。
※樹脂製・木製の取っ手の付いた鍋やふたは使用できません。土鍋やガラス製のふたも使用できません。
市川 舞さん
お菓子作りが大好きです。IHでまさかこれほど細かく温度調整ができて、お菓子まで作れるとは……衝撃でした! 時代は変わっているんだと思いました。湯せんしなくても、チョコを溶かせるのにもびっくり
日本の中国料理界を牽引しつづける中華の巨匠が紹介してくれたのは、焼きかげんや蒸しかげんをほったらかしできちゃう2品。体にやさしく美しい料理がモットーの脇屋シェフと、最新のIH搭載グリル「ラクッキングリル」の賢い機能が出会い、作る人にもうれしい中華ができました。
冷凍の切り身で作る「鮭のグリル ~コーンとホタテのうま味がいっぱいあんかけ~」と、せいろを使わない「しいたけとお米の焼売」。IH搭載の「ラクッキングリル」に調理をおまかせしている間に、パパッとひと手間かければ、いつもの食材やメニューも家族が驚く逸品に!
焼きかげんがむずかしい冷凍の魚もほったらかしで、手間なく、いい焼き目!
「鮭のグリル」では、冷凍庫から切り身の鮭を取り出したらすぐグリルへ。「凍ったままIHグリル」メニューから「切身」を選んでスイッチオン。解凍する手間もなく、主役の鮭はこのままほったらかしです。焼き上がるまでの間にブロッコリーをゆでたり、あんかけを作ったり。同時進行できるから、約15分後、鮭の焼き上がりと同時に一皿が完成しました。
「冷凍のまま入れて、ほどよい焦げ目がついて焼き上がってくるってすごいよね」と脇屋シェフもにっこり。
庫内灯で奥までよく見えて壁もフラット。360度全面を簡単にきれいに拭けるお手入れのしやすさは「ラクッキングリル」の大きな魅力です。油汚れもにおいもさっと拭き取れ、いつでもきれい!
杉浦希美さん
焼き魚はいつも焦げたらどうしよう……と不安なのですが、今日はとっても簡単に、まるでプロが作ったような出来栄え! うれしいです。グリルの庫内が明るくて焼き目が見えて食欲をそそるのがいいなと思いました。焼売も初めて作りました!
IHグリルで点心も蒸せちゃう!わずか7分で焼売が食べごろに
「焼売はむずかしそうだけれど意外と簡単です。冷凍して作りおきもできるし、お土産にも喜ばれます」と話しながら、次々と焼売を作る脇屋シェフ。蒸すめんどうもないように、今回はお鍋に水を入れて「ラクッキングリル」で約7分の簡単グリル蒸し調理法を紹介してくれました。蒸し上がる間にラディッシュのかわいい飾り切りも伝授。お皿が一気に華やぎました。
広い庫内をフル活用できる鍋なら、一度に12~16個の焼売が蒸し上がります。
「ギュギュッともっと押し込んだほうがいいよ」と焼売の包み方を脇屋シェフ自ら、隣でお手本を見せてくれました!
茂原慶子さん
わが家のグリルは網タイプで、中も暗くてよく見えません。以前はスマホのライトで照らしてのぞいていたほど(笑)。掃除もめんどうで、結局今は使っていません。このグリルならグリル皿が洗いやすそうで、LEDもついているのがいい。オーブンを持っていないのでオーブン代わりにもなりそうです!

 

 

3人のシェフたちの詳しいレシピは、1月17日以降にオレンジページnetにて公開予定です。お楽しみに!

 

 

撮影/杉本俊介 取材・文/峯田亜季

 

 

バックナンバー

サイト内検索

  • IHクッキングヒーター
    詳しくはこちら

    協力/パナソニック株式会社
    https://panasonic.jp/ih/