レシピをさがす

  1. HOME
  2. パナソニック IHデイリーホットプレート
  3. 平日も休日も、毎日使える! 一台2役の「IHデイリーホットプレート」レシピ

2018.7.2

平日も休日も、毎日使える! 一台2役の「IHデイリーホットプレート」レシピ

ホットプレートは、家族と食卓で調理しながら、できたての料理を食べられるのが魅力ですよね。でも、焼き肉を作るときなど、たまにしか使わない家庭が多いのでは?

平日も休日も、毎日使える「IHデイリーホットプレート」がこちら!

「ホットプレート」と「2口IH調理器」の2通りの使い方ができるから、いろいろなシーンで活用できるんです。

それでは、「平日」「休日」「おもてなし」のシーン別にレシピを紹介します!
【平日の夕食】
ホットプレートで家族分の主菜&副菜を同時調理

パパッと作りたい平日の夕食は、ホットプレートで主菜&副菜を同時焼き。フライパンだと二度に分けて焼く家族4人分の量も、このホットプレートなら一度で完成します。片づけは、プレートを洗うだけだからラクラクです♪

目の前でこんがり焼かれたチキンの香りに家族のテンションもアップ。ポテトとトマトは肉の脂をからめながら焼いて、うまみ満点に!
材料(4人分)
鶏もも肉(大) 2枚(約600ɡ)
じゃがいも(大) 2個(約400ɡ)
トマト 2個
タイム 4~5枝
塩 粗びき黒こしょう オリーブオイル
下準備
じゃがいもは皮を洗い、1個ずつラップに包んで電子レンジで4~5分加熱する。

作り方
【1】じゃがいもは皮つきのまま幅1cmの半月切りにする。トマトはへたを取り、横半分に切る。鶏肉は余分な脂肪を除き、厚い部分に包丁を入れて開いて厚みを均一にし、半分に切る。両面に塩小さじ2/3、粗びき黒こしょう少々をふる。

【2】IHデイリーホットプレート本体に専用プレートをセットする。「専用プレート」コースでスタートし、まずは両面とも「温度230」に設定して肉といもを焼く。オリーブオイル適宜をひき、鶏肉を皮目を下にしてプレート中央に並べてタイムをのせ、じゃがいもを両端に並べる。鶏肉は専用ヘラで押さえながら皮がパリッとするまで10分ほど焼く。じゃがいもは焼き色がつくまで返しながら焼く。

【3】片面を「温度90」に設定し、じゃがいもを寄せて塩、粗びき黒こしょう各少々をふり、保温しておく。もう片面に鶏肉を寄せ、トマトを並べ入れる。鶏肉は裏返して、5分ほど焼く。トマトは両面を2~3分ずつ焼きつける。
(1人分429kcal、塩分1.5ɡ)

大きなプレートだから、こんなメニューも!
家族3~4人分を、フライパンで数回に分けて調理していた料理は、ホットプレートで作れば時短に。ほかにも、ハンバーグ+つけ合わせの焼き野菜など。左右で温度を変えられるので、肉と野菜をそれぞれ適温で焼くことができます。
【休日の夕食】
2口IH調理器の2色鍋でおうち外食

2種類のだし汁が選べる外食のしゃぶしゃぶ鍋のように、「2口IH調理器」で赤白2色の鍋を。大人向けと子ども向けで味を分けることもできるから、家族みんなで楽しめます。

汗をかいて夏の暑さを吹き飛ばすピリ辛味と、鶏のだしがベースのさわやかなレモン味。適温でしゃぶしゃぶすれば、豚肉も柔らか!
レモン鍋
材料(3~4人分)
〈煮汁〉
A  鶏もも肉(大) 1枚(約300ɡ)
    しょうがの薄切り 2~3枚
    レモン汁 大さじ2
    水 1リットル
B  レモン(国産)の輪切り 1/2個分
    しょうゆ(またはナンプラー) 大さじ1/2
    鶏ガラスープの素(顆粒) 大さじ1/2
    塩 大さじ1/2
豚肩ロース薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 300ɡ
レタス 1/2個
エリンギ 1パック(約100ɡ)
香菜 1~2株
作り方
【1】香菜は根元を切り、長さを半分に切る。エリンギは縦に幅7~8mmに切る。レタスは大きめにちぎる。鶏肉は余分な脂肪を除き、一口大に切る。

【2】IHデイリーホットプレート本体の片面に鍋をのせてAを入れ、「IH」コースで「火力5」に合わせる。10~12分加熱し、沸騰したらBを加えて混ぜ、具を入れていただく(Aの鶏肉も具としていただく)。
(1/4量で325kcal、塩分1.7ɡ)
ピリ辛鍋
材料(3~4人分)
〈煮汁〉
A  にんにくのみじん切り、
    しょうがのみじん切り 各1~2かけ分
    赤唐辛子(へたを取り、種を除く) 2本
    豆板醤 大さじ1~2
    ごま油 大さじ1と1/2
水 1リットル
B  酒、しょうゆ 各大さじ2
    塩 小さじ1〜1と1/2
豚バラ薄切り肉(しゃぶしゃぶ用) 300ɡ
木綿豆腐 1丁
ねぎ 1本
にら 1束
えのきだけ 1/2袋(約100ɡ)
作り方
【1】豆腐は8等分に切る。ねぎは斜め切りにし、にらは長さ7~8cmに切る。えのきは根元を切ってほぐす。

【2】IHデイリーホットプレート本体の片面に鍋をのせてAを入れ、「IH」コースで「火力5」に合わせる。香りが立ったら水を加えてふたをし、10~12分加熱する。沸騰したらBを加えて混ぜ、具を入れていただく。
(1/4量で350kcal、塩分1.9ɡ)
2口IH調理器だから、こんな使い方も!
鍋のしめまで待てない家族のために、煮汁を取り分けて片面のIHで雑炊やうどんを作れます。鍋で煮もの&フライパンで炒めものなど、火力を調整できるので違う調理法も可能です。
【おもてなし】
ホットプレートであつあつおつまみを

下ごしらえは簡単なのに、ホットプレートで焼くと豪華に見えるおつまみ盛り。みんなで焼きながらお酒を楽しめば、会話がはずみます!

おもてなしには焼きたてが喜ばれる食べやすいサイズのおつまみを。少ない油でパリッと焼いた春巻きや、チーズの塩けがきいたれんこんなど、お好みでどうぞ!
彩り野菜のバーニャカウダ風
《温度190℃の面》
材料(作りやすい分量)
にんにくのみじん切り 2かけ分
アンチョビー(フィレ)のみじん切り 2枚分(約10ɡ)
オリーブオイル 大さじ3
作り方
【1】最初に本体(IH調理器)でバーニャカウダ風ソースを作る。本体にフライパンをのせて、にんにくのみじん切り、アンチョビー(フィレ)のみじん切り、オリーブオイルを入れ、「IH」コースで「火力3」に合わせる。4~5分加熱して香りが出たらココットに移す。

【2】本体に専用プレートをセットする。「専用プレート」コースでスタートして、片面を「温度190」に設定する。オーブン用シートを敷いて【1】のココットを置く。好みの具(ゆでブロッコリー、パプリカ、バゲットなど)を焼き、ソースをつけていただく。
(1/4量で203kcal、塩分0.8ɡ)
れんこんのチーズ焼き
《温度190℃の面》
材料(4人分)
れんこん 80g
ピザ用チーズ 20ɡ
作り方
【1】れんこんは皮をむき、幅2~3mmの半月切りにする。「温度190」の面に3枚ずつ重ねてのせ、ピザ用チーズを等分にのせて5分ほど焼く。チーズがこんがりしたら裏返し、4~5分焼く。
(1人分30kcal、塩分0.1ɡ)
豚肉のサイコロ焼き
《温度230℃の面》
材料(4人分)
豚ロース肉(とんカツ用) 100ɡ
好みで粒マスタード 適宜
塩 粗びき黒こしょう
作り方
【1】豚ロース肉(とんカツ用)は2cm角に切り、塩、粗びき黒こしょう各適宜をふる。ホットプレートの片面を「温度230」に設定する。豚肉を並べ、4~5分焼いてこんがりとしたら裏返し、2~3分焼く。好みで粒マスタード(または左記バーニャカウダ風ソース)適宜をつけていただく。
(1人分74kcal、塩分0.3ɡ)
アボカドとベーコンの春巻き
《温度230℃の面》
材料(4人分)
アボカド 1個
ベーコン 2枚
春巻きの皮 8枚
塩 こしょう
作り方
【1】アボカドは縦半分に切り、種と皮を除いてそれぞれ縦に4等分に切って塩、こしょう各適宜をふる。ベーコンは長さを4等分に切る。

【2】春巻きの皮を1枚ずつ広げて手前に【1】を1切れずつのせ、形を整えながら平らなスティック状に巻き、巻き終わりに水をつけて留める。

【3】ホットプレートの「温度230」の面にオリーブオイル適宜を熱し、【2】を巻き終わりを下にして並べ、3~4分焼く。こんがりとしたら裏返して3~4分焼く。
(1人分211kcal、塩分0.4ɡ)
左右の温度調節で、こんなメニューも!
片面は高温で肉をジューシーに、もう片面は中温で野菜を歯ざわりよく焼くなど、食材に合わせて温度を調整すれば味も格別! おもてなしのスイーツとして、片面でパンケーキを焼き、もう片面でチョコソースを温める使い方もできます。
このレシピで使ったのはこちら!
パナソニック
IHデイリーホットプレート KZ-CX1
“デイリー”と名がつくように、ふだん使いしやすい3つの理由があるんです。
【1】
「ホットプレート」「2口IH調理器」
  2通り
の使い方ができる
「ホットプレート」「2口IH調理器」の一台2役をこなすのは業界初(※1)。本体は「2口IH調理器」として、上に専用プレートをセットすると「ホットプレート」として使えます。焼く、炒める、煮る、蒸すなど、一台でいろいろな調理に対応するから、ふだん使いに活躍!
【2】
  使う食材に合わせて
  左右で異なる温度設定が可能
左右にダブルIH熱源を搭載。右の面は火力強にして肉をこんがり焼く、左の面は火力弱で野菜を調理してシャキシャキ感を残すなど、左右で火力・温度を使い分け、よりおいしく調理できます。IH加熱方式なので、余熱が早くて省エネなのも使いやすいポイント!
【3】
  テーブルになじみやすいシンプルなデザイン
従来品より高さが約24%低く(※2)、すっきりとしたデザインなので、食卓に置いたままでも圧迫感がありません。朝は専用プレートをのせてホットプレートとして、目玉焼きやトーストを焼いたり、夜はIH調理器として夕食のおかずを食卓で作ったり。片づけずに毎日使えます♪

※1 2018年8月1日発売予定。家庭用卓上IH調理器において。
※2 KZ-HP2100比。専用プレートの縁までの高さ。


【IHデイリーホットプレート】は
こちらからチェック>>
料理・スタイリング/八木佳奈 撮影/髙杉 純 取材・文/掛川ゆり 熱量・塩分計算/五戸美香(ナッツカンパニー)
  • 1

バックナンバー

サイト内検索

  • パナソニック IHデイリーホットプレートKZ-CX1
    業界初(※)「ホットプレート」「2口IH調理器」の一台2役をこなし、食卓の家族だんらんの時間を増やします。IH加熱方式だから予熱が早くて省エネ。

    サイズ(約)/専用プレート使用時:幅59.3×奥行き32.3×高さ6.9cm 重さ(約)/本体:4.9kɡ、専用プレート:2.8kɡ オープン価格
    ※2018年8月1日発売予定。家庭用卓上IH調理器において。
    詳しくはこちら>>