レシピをさがす

  1. HOME
  2. 「CPサロン」でお客さまも自分も美しく!
  3. 「CPサロン」には働きやすい理由があります 私にちょうどいい働き方、見つけました!

2019.9.3

「CPサロン」には働きやすい理由があります 私にちょうどいい働き方、見つけました!

「CPサロン」には働きやすい理由があります 私にちょうどいい働き方、見つけました!

育児や家事に専念していたけれど、そろそろ仕事もしてみたい。でも、いきなりフルタイムで働くのは不安だし、ブランクがあるからスキルにも自信がない……。そんな不安を抱えた人にとっても、自分らしくちょうどいい働き方が見つかるのがCPサロン。共和駅サロンで働く山口早紀子さんの一日に密着し、その理由を探ります!

山口早紀子さんの一日
6:00
起床
朝食、お弁当作り
7:30
子どもの見送り
8:20
出勤
8:30
サロン到着
掃除、エステマシンの準備、予約・カルテの確認、ミーティングなど
9:00
開店
接客、POPやディスプレイづくり、掃除、洗濯、休憩など
16:30
退勤
スーパーで買い物
17:00
帰宅
夕食の準備、そのほかの家事
18:30
夕食
19:00
子どもたちを塾へ送る
22:00
塾へお迎えに行く
23:00
入浴
24:00
就寝

「家とサロンが近いから、朝は家族を見送った後に出勤できます。夕方は閉店時間より早い16時過ぎに退勤。スーパーで買い物してから帰宅しても、子どもたちが塾へ行く前に夕食を作って食べさせることができるので、すごく助かります」(山口さん)

勤務日数ベスト3
※2019年6月CPサロン調べ
スタッフの勤務日数は、大多数が週2日〜4日。自分のライフスタイルにあった日数で、フレキシブルに働けることがわかります。

一日1回はオーナーとスタッフでミーティングを行い、業務連絡やお子様の行事に合わせてシフトの相談をします。「コミュニケーションをしっかりとって、困っていることがないか早めにキャッチするよう心がけています。私は話が脱線しがちなので(笑)、店長の山口さんがいつも冷静にツッコんで軌道修正してくれるんですよ」(オーナー・松本幸子さん)。

――CPサロンは、スタッフによって勤務日数や時間がばらばらなんですね。
「働き方が自由に選べるので、子育てを優先しながら働きたい人や、ダブルワークをしている人がとても多いんですよ。子どもの用事がシフトと重なったり、急に子どもが体調をくずしたりしたときは、スタッフどうしでシフトを交代して助け合うことも。旅行好きなわが家にとっては、子どもの学校のお休みに合わせて長期休暇がちゃんと取れるのも重要! 長女が中学を卒業したときは、記念に海外旅行も楽しみました」

――勤務時間の融通がきくのは助かりますね。ほかに仕事と家庭を上手に両立するコツはありますか?
「がんばりすぎないこと(笑)。ときには外食も利用して、適度に手を抜くことが大切です。あとは家族を上手に巻き込むことかな。うちは夫も料理が好きなので、作ってもらうことも多いんですよ」

シフトの自由がきくから無理なく働けます
スタッフ 山田邦子さん
「子育てをしつつ別の仕事もしているので、子どもが学校に行っている時間を使って月10日、一日2時間ほど働いています。こんなふうに自分のペースで働けるのは、オーナーがスタッフそれぞれの立場を理解してシフトを組んでくれるから。スタッフ自身が心から笑顔で働けるサロンなんですよ」

接客の中心はフェイシャルエステ。ディープクレンジングではスチームも使い、毛穴の奥の汚れまでしっかりオフ。その後は引き上げるようなマッサージと不要な角質を取り去るクレイマスク、最後にスキンケアで肌を整えます。

――出産前は銀行員として働いていたそうですね。いつかまた仕事を再開したいと考えていたのですか?
「子育てに専念したかったので、仕事をするなんてまったく考えていませんでした。それに、辞めてからのブランクが長くなればなるほど、また仕事をする自信もなくなっていましたし」

――そんな山口さんが、CPサロンで働きたいと思ったのはなぜでしょうか?
「もともとオーナーがママ友で、スタッフに誘ってくれたんです。美容の仕事をしたこともなければ、メイクはアイシャドウを使ったこともないくらいのレベル(笑)だったので、初めは断ったんです。でも、研修や勉強会などのサポート制度が充実していたので、これなら大丈夫かなって。実際、知識や技術的なことから接客のノウハウまで、とてもていねいに教えてもらえたので、研修後も不安なく仕事を始められましたね」

不安なことはいつでも相談できて安心
スタッフ 佐々木愛さん
「スタッフになる前は、スキンケアもメイクもわりと無頓着。でも、研修中に化粧品の役割からメイクの方法まで、オーナーが根気よくレクチャーしてくれて、美容の楽しさにすっかりハマってしまいました。わからないことはオーナーや先輩スタッフが気軽に相談に乗ってくれるので、とても心強いんですよ」
スキルアップのバックアップも万全
スタッフ 山本美紀さん
「CPサロンは、スキルアップのための勉強会や研修も充実しているんですよ。だから、日々の接客で疑問に思ったことがちゃんと解消できるし、メイクのトレンドなど新しい情報もアップデートできるんです。お客さまをキレイにしてあげるには、まず自分がキレイでありたいから、勉強したことはどんどん試しています」
サロンスタッフ130名に聞いたCPサロンの働きやすさ
※2019年6月CPサロン調べ。複数回答
日数や時間が選べるというハード面の柔軟性に加え、スタッフの仲がよいといったソフト面でも働きやすい様子がわかります。

 

――CPサロンが働きやすい理由として、スタッフの仲のよさを挙げる人も多いですね。
「そうなんですよ! みんな同じ地元に住んでいて、子育てや家事など共通の話題が多いし、チームワークは抜群。仕事のことはもちろん、休憩時間には料理や掃除のコツを教え合ったり、育児の悩みを聞いてもらったり、公私ともに頼りにしています」

――店長として、スタッフが働きやすいように気をつけていることはありますか?
「オーナーがしっかり舵取りしてくれるので、私はみんながそれを実行しやすいように見守るくらいかな。新人さんにこまめに声をかけたり、何かイベントがあるときはそれぞれの得意分野に合わせて仕事を振り分けたり。だれもが楽しく取り組めるよう意識しています。でも、基本的には私のほうがいろいろヌケていて、みんなに助けてもらっているんですよ〜」 みんな忙しいのでいっしょに出かける機会は少ないけれど、集まったときは思いきりワイワイ楽しみます。この日はバーべキューで乾杯! 料理が得意な山口さん。忘年会や周年記念パーティでは、料理担当として腕を振るいます。「たくさん作るときは、料理好きの夫にも手伝ってもらいます。このときは、ローストビーフや自分で釣ったたこでカルパッチョを作ってくれました」(山口さん)。

チームワークのよさが自慢です
スタッフ 大路裕子さん
「仕事をしていると、ときにはうまくいかなくて悩むことも。そんなとき、オーナーやほかのスタッフがさりげなくアドバイスしてくれるので、すぐに気持ちを切り替えることができます。お客さまを招いてイベントを開催するときも、みんなが盛り上げてくれるので毎回、大成功なんですよ」
お気に入りアイテムベスト3
※2019年6月CPサロン調べ。複数回答
スキンケアアイテムが上位を占めるなか、多くの支持を集めたのがフェイスパウダー。ふんわり上質な肌に仕上げる逸品です!

右)ソワーニュ フューチャーステージ トータルワークス N 45g 15000円、左)ソワーニュ フィエルテ ソフニング スキン クレンジング n AL 130g 9000円
※商品価格はすべて本体価格です。別途消費税がかかります。

「クレンジングクリームは汚れ落ちがすごくいいのに、保湿もしっかりしてくれるところがお気に入り。これを使うようになったら、肌の調子が良い気がします。フューチャーステージ トータルワークスは、肌がふっくらイキイキして見えるので、手放せません。癒やされるようなやさしいお花の香りも大好きです」(山口さん)

 

――CPサロンで働く前と後で、何がいちばん変わりましたか?
「お客さまがキレイになる様子を見ていると、もっとたくさんの人をキレイにしてあげたいと思うし、そのためにも私自身がもっとキレイになろうという気持ちもわいてきて、毎日がとても充実しています。始めたころは週1日の勤務だったのに、今では楽しくて週5日も働いているくらい(笑)」

――ご家族はそんな山口さんの姿に、どんな反応をされていますか?
「娘たちは、母親がキレイにしているのがうれしいみたいです。私も出かけるときにメイクをしてあげたり、リップの色を選んであげたり、女どうしならではのコミュニケーションがとれるのが楽しいですね」

――お仕事がプライベートにもいい刺激になっているんですね。
「今の働き方が、私にとってちょうどいいバランスなんですよね。CPサロンはライフステージに合わせて働き方を変えられるのが魅力。子どもの成長に合わせてそのときどきでいいバランスを見つけながら、これからも私らしく働いていきたいですね」

今の自分を生かしながら働けます
オーナー 松本幸子さん
「エステの仕事はハードルが高いと感じていませんか? CPサロンには子育て中のお客さまがたくさんいらっしゃるので、いち主婦としての目線がとても役に立つんです。だから、美容の仕事が未経験でも、ブランクがあいていても大丈夫。今の自分を大事にしながら、楽しく働きましょう」

 

 


協力/株式会社CPコスメティクス
 

撮影/三好宣弘(RELATION) ヘア&メイク/高松由佳(STEAM) 五十嵐友美 取材・文/池田 泉

 

 

  • 1

バックナンバー

サイト内検索