レシピをさがす

  1. HOME
  2. 情報クリップ
  3. 毎日のお抹茶一杯で、認知機能低下予防を!
情報clip

2020.11.20

毎日のお抹茶一杯で、認知機能低下予防を!

機能性表示食品「お~いお茶 お抹茶」が伊藤園より12月7日に発売されます。

すぐに飲める370mlボトル缶タイプと、スティック粉末タイプ「お~いお茶 お抹茶POWDER」の2種が登場。じつはこちら、抹茶としては日本初の「機能性表示食品」。認知機能(注意力・判断力)の精度を高める効果が期待できるといいます。毎日、美味しくお抹茶をいただきながら、認知機能低下を予防できるなんて驚きですよね。

商品写真

飲むだけで、認知機能(注意力·判断力)低下抑制の効果が!

人生100年時代と言われるなか、抹茶を通して、認知機能をはじめとした健康にまつわる課題の解決に挑むため、伊藤園が立ち上げた「ITO EN MATCHA PROJECT」。その第1弾として発売されるのが、機能性表示食品「お〜いお茶 お抹茶」です。

ITO EN MATCHA PROJECT

伊藤園によれば、お抹茶に含まれるテアニン(お茶のうまみ成分)と茶カテキンは、年齢とともに低下してしまう認知機能のうち、注意力(注意を持続させて、一つの行動を続ける力)や判断力(判断の正確さや速さ、変化する状況に応じて適切に処理する力)の精度を高める機能が期待できるとのこと。お点前一杯分に含まれるテアニン50.3mg、茶カテキン171mgの継続的な摂取が、認知機能の改善につながるそうです。

同社の研究によると、軽度認知障害(MCI)と呼ばれている「日常生活への影響は軽微で認知症とは判断できない状態」は、生活習慣次第で回復する可能性が十分にある一方で、放置してしまうと、40%の方が、5年のうちに認知機能を悪化させるというデータもあるのだとか。一度、悪化させてしまうと治療が難しいため、日々の予防が大切なのだそうです。

毎日いただきたくなる美味しいお抹茶

「お~いお茶 お抹茶」には、茶道クラスのお点前を再現するため、伊藤園の独自技術が惜しみなく注ぎ込まれています。

味わいは、柔らかい香りや旨みのなかに、穏やかなほろ苦さが感じられる本格派。抹茶ラテのようなクリーミーさもありながら、飲むとしっかりとお抹茶の味が感じられます。これなら、渋すぎず飲みやすく、どんなお茶菓子やお料理にも合いそう。茶葉の栽培から製造まで、すべての工程でこだわりをつらぬいたからこそ、辿り着いた味なのだとか。

もうひとつ見逃せないのは、お抹茶特有の淡く美しい色を楽しめること。伊藤園では「青汁」の商品開発で培われた液色保存技術を活かして、点ててから時間が経つと色が濁ってしまうというお抹茶の性質を克服したのだそう。ボトル飲料タイプの「お~いお茶 お抹茶」も自然な色合いに仕上がっています。

さらにうれしいことに、伊藤園ではお抹茶の継続な摂取をサポートするために、お抹茶のパウダーを料理に使えるレシピを公開中。お手軽レシピが揃っているので、さっそく試してみたくなるメニューばかりです。
伊藤園「お~いお茶 お抹茶 POWDER」特集のレシピはこちら

※摂取方法により、期待できる機能が変化する可能性があります。


  • 機能性表示食品「お~いお茶 お抹茶」150円+税(370mlボトル缶)
  • 機能性表示食品「お~いお茶 お抹茶POWDER」2,800円+税(1.7g×32本)/ 600円+税(1.7g×6本)

※どちらも12月7日(月)発売予定

【お問合せ先】
株式会社伊藤園 お客様相談室 ☎0800-100-1100
(平日10:00~12:30/13:00~16:00(土・日・祝日を除く)
https://www.itoen.jp/customer/

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ12/17号

オレンジページ12/17号

2020年12月2日発売

詳細・購入はこちら

2021オレンジページCooking冬

2021オレンジページCooking冬

2020年11月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.17

おとなの健康Vol.17

2020年10月15日発売

詳細・購入はこちら

ちぎりパン BY ORANGEPAGE 発売中

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジページ通販

ジュニア料理選手権スピンオフ