レシピをさがす

  1. HOME
  2. 情報クリップ
  3. 「蒸して作る」目玉焼きが美しすぎ♪ ジョセフジョセフのフローチポッドが画期的。
情報clip

2019.2.28

「蒸して作る」目玉焼きが美しすぎ♪ ジョセフジョセフのフローチポッドが画期的。

突然ですが、みなさんはどんな「目玉焼き」が好きですか? 

とろとろ、半熟、固めなど「焼きかげん」の好みがまずありますが、ふたをせずに焼く、ふたして蒸し焼きにする、はたまたひっくり返して焼く、多めの油で揚げ焼きにする……など「焼き方」だってさまざま。身近な食べものなだけに、自分の好みやこだわりが出ますよね~。

たとえば、家族のなかに「黄身とろとろ派」と「固め蒸し焼き派」がいた場合、どうしたものか。いっしょに焼くと、どっちかがガマンを強いられることになってしまいます(涙)。メンドーだけど別々に焼くしかないんでしょうか。。。

が、しかし!! これを一挙に解決してくれるすごいアイテムを、「ジョセフジョセフ」の新商品で発見したのです。

ちなみにですが、ジョセフジョセフは、キッチン用品を中心に、掃除用品、バス、トイレタリーなどさまざまなオリジナル家庭用品を提案するイギリスのブランド。機能性と、デザインや色づかいの美しさは本当にすばらしく、オレンジページ読者にも編集部内にもファンがいっぱい。なかでもユニークなのは、卵を調理するアイテムが豊富なこと! 以前このコーナーでご紹介した「エッグポーチャー」(→https://www.orangepage.net/blogs/clip/posts/1503)のほか、ゆで卵専用のトングや、卵料理専用のゴムべらなど、それはもうすごいこだわりようなんです。


新商品「フローチポッド」はこちら。フライパンにのせて使えば、「蒸し目玉焼き」が作れるという画期的なアイテムのよう。耐熱のシリコンゴム製でうれしい2個入り。真ん中の大きな穴から卵を割りいれて焼くと、シリコンが「この卵専用のふた」になって、蒸し焼きが可能なんだとか!


ではでは、さっそく「蒸し目玉」作りスタート! フライパンにセットしたら、穴の上から卵をパカッ。卵がつるんと穴をくぐって落ちていくのが、なんだか快感(笑)。しばらく焼いたら、端っこの小さな穴から水をたらします。

じゅわじゅわーー。。。と、こもった音が。いままさに、この中で蒸し焼きにされてます!大きな穴から見ていれば、黄身の色がよく分かるので、「黄身は黄色いまま」で止めるのか、「白っぽく膜を張らせるか」の微調整も自在。きょうは、「膜は張るけど中は半熟」をめざすぞー。


うっすらと膜が張ったので、これで完成。持ち手をゆっくり引っぱり上げて、卵からはがすと……



できた~。なにこの美しさ!! まーるく作れるって、こんなにうれしいことだったのか……



きょうは、大好きなイングリッシュマフィンでサンドすることに。チーズやハムも重ねました。まーるいパンやハムに、まーるく美しい目玉焼きがのっかるうれしさよ!



そしてほらっ! フォークを入れるととろーん。黄身はとろりとソース状。そして白身はなめらかでつるんとしているんですが、底だけがややカリッと香ばしく仕上がるのも絶妙。いうことなしです(涙)。

このアイテムがあれば、ひとつのフライパンで「そのまま焼く」卵、「蒸し焼き」卵、2個が共存できることがわかって大満足。家族内の目玉焼き戦争ともオサラバできますね~(笑)。ただし、一度このまーるい蒸し焼きを目にすると、「そ、そっちがいい~!」ってなりそうな気もします。
 

●ジョセフジョセフ「フローチポッド」1500円(税抜)
【お問い合わせ先】 Joseph Josephカスタマーサービス  ☎0570-031-117


 

 

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ4/2号

オレンジページ4/2号

2019年3月15日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.10

おとなの健康 Vol.10

2019年1月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

広告大賞発表

創刊33周年記念動画配信中!