レシピをさがす

  1. HOME
  2. #KALDIANに捧ぐ KALDI COFFEE FARM 解体新書
  3. 第1回 編集部が突撃!ギュウギュウの棚の秘密
KALDI大好き! #KALDIANに捧ぐ〈KALDI解体新書〉

2018.7.2

第1回 編集部が突撃!ギュウギュウの棚の秘密

お料理好きな人はもちろん、雑貨好き、コーヒー好きをもトリコにする『KALDI COFFEE FARM』。魅力的なお店には、きっと! 必ず! 間違いなく! 秘密があるにちがいない!!! そこで、オレペネット編集部員が私利私欲まみれでその秘密に迫る企画、始めちゃいます!

栄えある第1回は「気になる商品がそこかしこにギュウギュウに並べられていて、けしからーんッ!」です! 東京・吉祥寺にあるコピス吉祥寺店にて実際に店内を見ながら、広報さんにギュウギュウの棚の秘密を聞いてきましたよ!

約4割が新商品や季節品。
定番品も季節品も全部置きたい、
ゆえのギュウギュウ陳列

『KALDI COFFEE FARM』に一歩足を踏み入れると、目の前に広がるあの商品、この商品。陳列棚に並ぶカラフルでキュートな品々を見ているうちに、ついつい店内奥深くに足を運んでしまうことはもはやお約束。なんでこんなにいっぱい商品を並べちゃうんですかー! 

「それはもう、少しでもたくさんの商品をお届けしたい、という思いゆえ、なんです! 決して探しにくくしたいわけではないんです~…」と、困り顔で教えてくれた広報さん。

『KALDI COFFEE FARM』の店舗内にある商品のうち、約4割が常に新商品か季節品。人気の定番品とともに旬を感じる商品をどんどん追加していくと、結果的にどうしても棚がギュウギュウになってしまうのだとか。

魅力ある品々を少しでも多くのお客さまに届けたい。そんな愛あふれる結果が、このギュウギュウな陳列棚だったということなんですね。なるほど~、たしかに『KALDI COFFEE FARM』に来ると、「何かいいものありそう!」というワクワク感が止まらなくなりますものね!

売り場コンセプトはマルシェのにぎわい感!
選ぶ楽しさを体全体で楽しんでほしい

特に目的がなくふらっと立ち寄っただけでも、お店の中をあれこれ見ているうちに「これおいしそうじゃない?」「今度これで料理してみようかな」と、クリエイティブな好奇心をかきたてられるのが『KALDI COFFEE FARM』の魅力。そう、この感じは……マルシェに来たときのあの感じに似ている!?

「そうなんです。お店の売り場をつくるときに意識しているのは、『マルシェのにぎわい感』なんです。『こういうの欲しかった!』『これ何だろう、食べてみたい!』という、選ぶ楽しさも味わっていただきたくて」カーブがかかった陳列棚をうまく使い、この先に何があるのか奥までちらっと見えるレイアウトも『KALDI COFFEE FARM』の特徴。このまるで迷路のようなスタイルも、こだわりのひとつなんだそう。

ここコピス吉祥寺店では、床面には石畳風のデザインを、そして天井にはヨーロッパの街灯風をモチーフにした装飾を取り入れて、さらにマルシェ感を演出。こうした細かい演出も、訪れる人を楽しませるためのアイディアなんですね!

「はい。店頭で受け取ったおすすめのコーヒーを片手に、あふれる商品を目で見て手にとってみて、『KALDI COFFEE FARM』を体全体で楽しんでもらえるとうれしいです!」

ギュウギュウ陳列だけど、
なるべく探しやすく、が基本!

体全体で楽しめるお店づくりですか! さっすが広報さん、『KALDI COFFEE FARM』の長所を紹介するのが上手~!

「いえいえ、ギュウギュウすぎて商品がどこにあるかわからない、なんてお叱りの言葉をもらうこともあって、スタッフ一同〈なるべく探しやすく〉を意識して陳列しているんですよ……。ですから、お探しのものがないときは気軽にスタッフにきいてくださいね!」

ただひたすら商品を並べているワケではもちろんなく、国やエリア、季節感を意識して、お目当ての品や関連商品を探しやすくしているということなんですね。「たとえば、オリーブオイルが並ぶ棚のすぐそばにはパスタやトマトソース、イタリアン食材などを固めて、このコーナーを見渡すだけでおいしいパスタの材料がそろえられる、という感じです。また、目まぐるしく商品が入れ替わったとしても、なるべく定番品は同じ場所に、ということも心がけているんですよ」

そういうことか~、ギュウギュウ陳列ではあるけれど、ちゃんと法則もあったんですね!

イベントコーナーこそ、
『KALDI COFFEE FARM』の真髄!

さて、お次は広報さんのターン。お店を訪れる人にお知らせしたい陳列情報ですって。なになに?

「お店に来ていただいた際は、いちばん目につくイベントコーナーにぜひお立ち寄りください!」

イベントコーナーとは全店共通で行われるテーマくくりの陳列エリアのこと。店舗の入り口や中央部分など、「各店の一等地」で大々的に行われるのだとか。

「たとえば〈レモン特集〉や〈ベトナム特集〉など、季節感や話題性の高いキーワードで毎月特集を組んで棚をつくるんですけど、このときの商品の集め方が『KALDI COFFEE FARM』ならでは、と自負しています! お店によって同じ特集でも商品ラインナップや見せ方が違っていて、各店個性を発揮しているんですよ」

「レモン」がからんでいれば、
ぜ~んぶ並べちゃう!
それがイベントコーナー

今回取材にお伺いしたコピス吉祥寺店でも、まさにメイン入り口付近にレモン特集がドカンと組まれていました! カレーや焼きそば、おつまみ、スイーツ、ドリンクなどなど「え、レモン商品ってこんなにいろいろあるの!?」というバラエティに富んだラインナップに、思わず目がくぎづけに。

「イベントコーナーでは、食材の種類は関係なく、キーワードを軸にして商品を展開しています。私たち広報スタッフも、お店に来ると新しい発見があるくらい、商品収集力はすごいと思います! 毎月の特集はWebサイトでもご案内しているので、気になる特集のときはお早めに店舗までお越しくださいね!」

オレペネット編集部員が『KALDI COFFEE FARM』広報さんに突撃する第1回、いかがでしたか? 皆さんがいつも行くお店の陳列棚にはどんな商品がラインナップされているのか、ぜひ、店内をじっくり眺めてみてくださいね!

KALDI大好き! そんなKALDIANの皆さまからのインスタへの投稿、お待ちしています。

KALDI COFFEE FARMでゲットした商品を使ってこんなもの作ったよ!
KALDI COFFEE FARMのこれがお気に入り!

これぞ、という一枚が撮れたら
#KALDIAN #カルディアン
をつけて迷わず投稿!

素敵な写真はこちらのページで順次公開していきま~す!
今回取材で訪れた『KALDI COFFEE FARM』はここ!

KALDI COFFEE FARM コピス吉祥寺店

住所
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-11-5 コピス吉祥寺 A館 地下1階
TEL
0422-23-0005
営業時間
10:00〜21:00
定休日
コピス吉祥寺に準ずる

●お近くの『KALDI COFFEE FARM』を探すなら、こちらから>>

協力/KALDI COFFEE FARM

文/編集部 撮影/栗原美穂

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ9/2号

オレンジページ9/2号

2018年8月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康 Vol.8

おとなの健康 Vol.8

2018年7月14日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権

広告大賞発表

オレンジページ くらしフェスタ会場レポート

創刊33周年記念動画配信中!