レシピをさがす

  1. HOME
  2. 情報クリップ
  3. 挽きたての香りをそのままに、カフェインを97%カットした「カフェミオ カフェインレスコーヒー」
情報clip

2018.6.12

挽きたての香りをそのままに、カフェインを97%カットした「カフェミオ カフェインレスコーヒー」

豊かな香りとこくで、気分をリフレッシュさせてくれるコーヒー。ですが、コーヒーに含まれるカフェインをとりすぎると、集中力が低下したり、寝つきが悪くなったり……というデメリットも。そんなときには、「カフェインレスコーヒー」がおすすめです。
簡単にいれられて、コーヒー本来の新鮮な香りと深いこくを味わえる、カフェインを97%カットした「カフェミオ カフェインレスコーヒー」をご紹介します!

コーヒー本来の芳醇な香りを実現する「挽きたて密封」

おいしいコーヒーの条件といえばやはり、挽きたての豆を使っていれること。「カフェミオ 」は独自の技術で「挽きたて密封」を実現。飲みたいと思ったときに、いつでも新鮮で香り高いコーヒーを楽しむことができます。

コーヒー豆は挽いた瞬間から時間の経過とともに酸化し、香りが失われていきます。そこで片岡物産が開発した「挽きたて密封」は、豆を挽くところから包装まで一貫した製造ラインですばやく完了させ、挽きたての香りと味をそのままパック。

さらに、新鮮なコーヒー豆を挽くことで発生する、芳醇な香りを含んだ炭酸ガスを逃がさずに包装することで、挽きたてのおいしさを守っているのです。

失敗なしでおいしくいれられる「クイックオープン方式」

朝の忙しい時間や仕事の合間など、サッとしいコーヒーを飲みたいときに、いれる方法がむずかしいとちょっと億劫になりますよね。カップにセットしようとしてフィルター部分が破けてしまったり、コーヒーの粉がこぼれてしまったり……という経験のある人も多いのでは。

「カフェミオ」は、ワンタッチで開ける「クイックオープン方式」を開発。カップにかけるフックの部分を左右にひっぱるだけでフィルターの口が大きく開く、独自の形状になっています。これなら急いでいるときでも失敗なし!

注ぎ口がしっかり大きく開くので、ゆっくりていねいにお湯を注ぐことができます。ドリップコーヒーのおいしさをより一層引き立ててくれますよ。

コーヒ本来の香りとコクを保ったままカフェインレスに
じわじわと人気が高まりつつあるカフェインレスコーヒーですが、その味わいに不満を感じている人も多いのだそう。その原因は、コーヒーからカフェインを抜く過程でコーヒーのおいしさを左右する香味成分がカフェインとともに減少してしまうことが一因といわれています。

「カフェミオ」に使用されるコーヒー豆は、香味成分の流出が最も少ないと言われている「超臨界二酸化炭素方式」によってカフェインを除去。さらに、コーヒー豆の配合や焙煎方式の工夫により、コーヒーらしい豊かな香りとコクを残したままカフェインレスに。「カフェインは減らしたいけど、味は妥協したくない!」という人にぴったりのコーヒーなのです。

お得なまとめ買いセットも! 通販限定の「カフェミオ」

通販限定の「カフェミオ カフェインレスコーヒー」は、片岡物産のオンラインショップにて販売中。コーヒーを飲むと頭痛や肩こりを感じてしまう人、妊娠中や授乳中などでカフェインを摂取したくない人にもおすすめです。

カフェインレスコーヒーを含めた全10種類のブレンドからさまざまな味を楽しめるバラエティセットや、好きなブレンドを選べるまとめ買いセットなども。ご自宅用やギフト用に、ぜひお試しください♪

詳しくは公式サイトまで。

また、オレンジページメンバーズ限定で、「カフェミオ カフェインレスコーヒー」をプレゼント。応募の詳細はこちら<応募期間6月12日(火)~6月25日(月)>(応募にはオレンジページメンバーズへのご登録が必要です)。コトラボ阿佐ヶ谷の一部講座でもサンプリング実施中(~7月末まで)。この機会に試してみては。
 

 

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ7/2号

オレンジページ7/2号

2018年6月15日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.7

おとなの健康Vol.7

2018年4月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

ジュニア料理選手権

33周年記念プレゼント

創刊33周年記念動画配信中!