1. HOME
  2. スパイス&ハーブの幸せレシピ

スパイス&ハーブの幸せレシピ

バジル

下味をつけたら、あとはオーブンにおまかせ。
スパイシーな香りがたまりません。

タンドリーチキン

大正12年、エスビー食品の創業者・山崎峯次郎が日本で初めてカレー粉の製造に成功。その後、昭和25年に「S&B 赤缶カレー粉」が発売されます。以来、日本人の繊細な味覚にはぐくまれながら改良を重ね、現在も愛されつづけているスーパーロングセラー商品となりました。食欲をそそる香り、美しい色、複雑で奥深い風味は、カレーライスはもちろん、幅広いメニューで大活躍。まさに、世界に誇れる「スパイス&ハーブの芸術品」なのです。

カレー粉のおいしい活用法

タンドリーシュリンプ

タンドリーシュリンプ

タンドリーチキンの漬けだれは、鶏肉だけでなく、えび、たらなどを漬けても◎。カレー粉の奥深い風味が楽しめます。

作り方

えびは殻をむき、背に切り目を入れて「タンドリーチキン」の【A】に30分ほど漬ける。サラダ油をひいたフライパンでこんがりと焼き、サラダ菜を添える。

鯛のソテー カレーソース

鯛のソテー カレーソース

カレー粉とバターの風味満点だから、魚が苦手な子どもも喜んで食べてくれます。さば、めかじきのほか、鶏肉のソテーにもおすすめ。

作り方

フライパンに白ワインとカレー粉を入れて熱して混ぜ、バターを加えて溶かし、ソースを作る。鯛の切り身のソテーにかけ、炒めた小松菜を添える。

バックナンバー

My Spice&Herb

エスビー食品株式会社 http://www.sbfoods.co.jp

料理/大島菊枝 撮影/馬場敬子 スタイリング/久保百合子 熱量・塩分計算/五戸美香(ナッツカンパニー)

エスビー