レシピをさがす

  1. HOME
  2. レシピ検索
  3. 基本のでかプリン

基本のでかプリン

大きな器でドーンと焼いて、そのままテーブルに。
好きなだけ取り分けて、たっぷりとどうぞ!

料理:

撮影:

基本のでかプリン
  • 熱量 226kcal(1/10量)

材料 (26×18×高さ4.5cmの耐熱の器1個分)

  • 卵(Lサイズ) 5個
  • 卵黄 Lサイズ2個分
  • 牛乳 750ml
  • 砂糖 135g
  • バニラビーンズ 1本
  •  (なければバニラエッセンス適宜)
  • キャラメルソース
  •  砂糖 150g
  •   大さじ3
  •  熱湯 75ml

作り方

キャラメルソースの材料の砂糖と水を小鍋に入れて中火にかける。最初は混ぜずに、そのまま熱する。
キャラメルソースの材料の砂糖と水を小鍋に入れて中火にかける。最初は混ぜずに、そのまま熱する。
砂糖が溶け、鍋肌から茶色く色づきはじめたら、まんべんなく色づくように鍋を揺すりながら煮つめる。
砂糖が溶け、鍋肌から茶色く色づきはじめたら、まんべんなく色づくように鍋を揺すりながら煮つめる。
濃いきつね色になったら火を止め、木べらを伝わせながら熱湯を注ぐ。こうすると、手を鍋の上にかざす必要がないので蒸気が当たらず、やけどすることがない。
濃いきつね色になったら火を止め、木べらを伝わせながら熱湯を注ぐ。こうすると、手を鍋の上にかざす必要がないので蒸気が当たらず、やけどすることがない。
注ぎ終わったら、木べらで均一になるまで混ぜて耐熱の器に流し入れ、粗熱が取れるまでそのままおく。
注ぎ終わったら、木べらで均一になるまで混ぜて耐熱の器に流し入れ、粗熱が取れるまでそのままおく。
バニラビーンズはナイフで縦に1本切り目を入れ、刃先で種をこそげ取る。ボールに卵を割り入れ、卵黄を加えて泡立て器で溶きほぐす。白身のコシを切るように、泡立て器をボールの底に当てて左右に動かして混ぜ、泡立てないよう注意する。
バニラビーンズはナイフで縦に1本切り目を入れ、刃先で種をこそげ取る。ボールに卵を割り入れ、卵黄を加えて泡立て器で溶きほぐす。白身のコシを切るように、泡立て器をボールの底に当てて左右に動かして混ぜ、泡立てないよう注意する。
鍋に牛乳、砂糖、バニラビーンズの種(バニラエッセンスの場合はここで加えず、作り方8でこした後に加える)を入れて中火にかけ、砂糖が完全に溶けるまで温める。沸騰させる必要はない。
鍋に牛乳、砂糖、バニラビーンズの種(バニラエッセンスの場合はここで加えず、作り方8でこした後に加える)を入れて中火にかけ、砂糖が完全に溶けるまで温める。沸騰させる必要はない。
温めた牛乳を、卵のボールに少しずつ、泡立て器で混ぜながら加える。混ぜずに加えると、牛乳の熱で卵が固まってしまうので、絶えず混ぜながら加えて。
温めた牛乳を、卵のボールに少しずつ、泡立て器で混ぜながら加える。混ぜずに加えると、牛乳の熱で卵が固まってしまうので、絶えず混ぜながら加えて。
別のボールに万能こし器を通して、こし入れる。ペーパータオルをのせ、そのまま30分ほどおく。こうすることで、生地の表面のアク(白っぽい泡のようなもの)が取れ、全体がなじんで、なめらかな生地に仕上がる。焼く10分くらい前に、オーブンを150℃に温めはじめる。
別のボールに万能こし器を通して、こし入れる。ペーパータオルをのせ、そのまま30分ほどおく。こうすることで、生地の表面のアク(白っぽい泡のようなもの)が取れ、全体がなじんで、なめらかな生地に仕上がる。焼く10分くらい前に、オーブンを150℃に温めはじめる。
キャラメルソースの器に生地を流し入れ、ひとまわり大きいバットに入れる。バットに、熱湯を高さ1.5cmくらいまで注ぐ。
キャラメルソースの器に生地を流し入れ、ひとまわり大きいバットに入れる。バットに、熱湯を高さ1.5cmくらいまで注ぐ。
バットをオーブンの天板にのせ、150℃のオーブンで50~60分焼く。竹串を刺してみて、何もついてこなければ焼き上がり。器をバットから取り出してそのままおき、粗熱が取れたら冷蔵庫に2時間ほど入れて、完全に冷やす。     

バットをオーブンの天板にのせ、150℃のオーブンで50~60分焼く。竹串を刺してみて、何もついてこなければ焼き上がり。器をバットから取り出してそのままおき、粗熱が取れたら冷蔵庫に2時間ほど入れて、完全に冷やす。     

レシピ掲載日:2005.6.17

レシピを探す

オレンジページnetのBESTおかず

サイト内検索

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジ進行中(改)