レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. ホワイトデーはガトー・インビジブル! きれいな断面に仕上げるコツは? 
オレンジページ☆デイリー

2017.3.10

ホワイトデーはガトー・インビジブル! きれいな断面に仕上げるコツは? 

もうすぐホワイトデー。バレンタインのお返しを考えている人は、
話題沸騰中の萌え断スイーツ「ガトー・インビジブル」を作ってみませんか? 
いやいや俺(私)お菓子作りなんてムリムリ……という方もご安心を。この美しい見た目とは裏腹に、作り方が驚くほど簡単なのもこのお菓子の魅力なんです。

なんといっても果物のスライスが幾重にも重なった美しい断面が魅力。
薄切りにした果物と、卵、砂糖、小麦粉などを混ぜた生地を合わせ、型に重ねて焼くだけ。
とはいえ、シンプルな作り方だからこそ、ちょっとしたコツを覚えるだけで仕上がりがぐっと美しくなるんです


何度も言いますが、生地は混ぜるだけだからホントに簡単(笑)。


生地、少なっ! 果物の美味しさを存分に味わえる秘密がここに。
ポイント1→ここでは混ぜ過ぎ厳禁。果物によってはスライスが割れてしまいます。
ここではざっと全体が混ざればOK。

ポイント2→型にスライスを重ね入れる際、向きをきれいに揃える。りんご、洋梨、柿など、型の横幅よりも長い場合は少し切ってもいいかもしれません。なんだかんだで割れてしまうスライスもあるので、それらはまとめて最後に重ねればOK。


編集・小松はこんな風に箸で作業しました。
ポイント3→スライス1切れずつに、しっかり生地をまとわせてから重ねましょう。薄いスライスを密着させてくれるのは、この生地。量が少ないとはいえ、大事な働きをしてくれているんです。切ったときにボロッとなってしまったら悲しいので(泣)。
これらのコツを押さえて作業すると……?

ほらっ、インビジブル!(生地が) 手前が汚くてスミマセン。

編集・小松のイチオシは、この時期なら「りんご×いちご」のインビジブル(料理・若山曜子、写真・福尾美雪)。マスカルポーネチーズ入りの生地がミルキーな味わいで、甘酸っぱいフルーツと最高に合う! 女子の好きなものがすべて詰まっています。

こんな風に、カジュアルなラッピングをすれば完璧(料理・若山曜子、写真・福尾美雪)。写真は丸型ですが、パウンド型でも作れます。
話題のガトー・インビジブル、ホワイトデーにぜひ作ってみませんか?

料理/若山曜子 撮影/福尾美雪 文/編集部・小松

『ガトー・インビジブル』(オレンジページ刊)より

バックナンバー

サイト内検索

cookpadプロのレシピ

オレンジページブランチ

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!

オレンジ進行中(改)