レシピをさがす

  1. HOME
  2. オレンジページ☆デイリー
  3. 一生作り続けたい! 老若男女に愛される、クラシカルなチーズケーキ
オレンジページ☆デイリー

2017.12.13

一生作り続けたい! 老若男女に愛される、クラシカルなチーズケーキ

年末年始や普段の休日など、親しい友人どうしで持ち寄り会!
「何か美味しいスイーツお願いね♪」と言われたら、さあどうしましょう。

・老若男女に好かれる
・簡単で失敗しない
・おなかいっぱいでも、ぺろりと食べられる


そんな優等生なお菓子あるわけ……あります! それはチーズケーキ
経験上、持ち寄り又はおもてなしで喜ばれなかったことはありません。
ご存知のように色々なタイプがあるチーズケーキですが、やっぱり圧倒的支持を得るのがベイクドチーズケーキ。

あえてひねりを加えずに、クラシカルで「ああ、この味!」とみんなが幸せになるレシピをご紹介します。


「ベイクドチーズケーキ」

材料(直径18cmの丸型1台分)
クリームチーズ 200g
グラニュー糖 100g
サワークリーム 180g
溶き卵 2個分
コーンスターチ 10g
レモン汁 小さじ1
レモン(国産)の皮のすりおろし 1/2個分
生クリーム 1/2カップ

下準備
・クリームチーズとサワークリームは室温にもどし、柔らかくする。
・オーブン用シートを型の底に合わせて丸く切り、敷き込む。
・オーブンは160℃に予熱する。

作り方


1.クリームチーズとサワークリームを混ぜる

ボールにクリームチーズとグラニュー糖を入れ、ゴムべらでなめらかになるまで混ぜる。サワークリームを加え、なめらかになるまでさらに混ぜる。

2.残りの材料を混ぜる

溶き卵を2~3回に分けて加え、そのつど泡立て器でなめらかになるまで混ぜる。コーンスターチをふるい入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜる。レモン汁とレモンの皮、生クリームを順に加え、そのつど混ぜる。

3.オーブンで焼き、冷やす

2を型に流し入れ、160℃のオーブンで50分焼く。型のまま粗熱を取り、冷蔵庫に入れて1時間以上冷やす。

4.型から取り出す

パレットナイフなどをケーキと型の間に差し込み、ぐるりと一周させる。型を缶などの上にのせ、押し下げてはずす。底板とオーブン用シートの間にパレットナイフなどを入れ、底板をはずす。

か、簡単……。ポイントは、たっぷりのサワークリームが入ること。無しでも作れますが、チーズとは違う酸味が加わることで、シンプルながらハッとする、複雑な美味しさが生まれるんです。定番のメニューだけに、食べた人が味の違いに驚いてくれるはず。

流行のスイーツもいいけれど、時代を超えて愛されるお菓子は色々な場面で活躍します。
自分が食べたいと思ったとき、誰かに食べてもらいたいと思ったとき、クラシカルなレシピをぜひ活用してくださいね。

料理/下迫綾美 撮影/髙杉 純  文/編集部・小松
(『一生使えるオレンジページVOL.6 失敗知らずの最強スイーツ』より)

バックナンバー

サイト内検索

オレンジページの本

オレンジページ2/2号

オレンジページ2/2号

2018年1月17日発売

詳細・購入はこちら

おとなの健康Vol.6

おとなの健康Vol.6

2018年1月16日発売

詳細・購入はこちら

cookpadプロのレシピ

オレペ大感謝まつり

広告大賞 投票募集

まめ部プロデュース 大豆粉と米粉のパンケーキミックス発売中!