1. HOME
  2. 熊本県南部のうまかもん「くまなんごはん」vol.5

熊本県南部のうまかもん「くまなんごはん」vol.5

熊本県南部のおいしいものを全国に紹介する「くまもと県南フードバレー推進協議会」。
そのブランド「RENGA」と『オレンジページ』がコラボ♪
県南のイチオシ食材と、それを生かしたごちそうのレシピなどを隔号連載でお届けしています。
最終回となる今号は、力を合わせて考えた詰め合わせボックスのご紹介です!
       いしいモノでおいしいコト〉を作る新しいコンセプトの食の詰め合わせ「くまなんごはん」ができました!「くまなんごはん」は熊本県南部の生産者が丹精した食材のセット。同梱のレシピで、地元のフードコーディネーター・古閑元子さんによる「熊本県南の料理」が作れます。第2弾は「はちべえ塩トマトのコンポートセット」と柔らかな肉質の黒毛和牛を加えた「あしきた牛と塩トマトのすき焼きセット」。さらにタイトルの料理を作ったあとも、残った食材を有効に使えるエクストラメニューアイディアがついてくるのも魅力です。
くまなんの厳選食材をセットにしてお届けします!
A:はちべえ塩トマトのコンポートセットB:あしきた牛と塩トマトのすき焼きセット
1:「株式会社いずみ」の隠れ里の柚子果汁
九州山地の尾根に位置し、〈九州最後の秘境〉と謳われる自然豊かな八代市泉町。一つ一つていねいに収穫されたばかりの八代市産完熟ゆずをまるのまま絞った無添加ゆず果汁。天然100%ならではの香りと風味が自慢です。
1本150ml
2:「JAやつしろ」のはちべえ塩トマト
八代海沿岸の塩分濃度が高い土壌で育つ貴重な「はちべえ塩トマト」。過酷な環境でじっくり育ち、通常のトマトの倍近い糖度に。フルーツのような甘さと豊かなうまみを持つので、生はもちろん料理に使っても風味濃厚です。
1kg(11~16個)
「福田農場ワイナリー」の
 甘夏サングリア(白)セレクタ
「福田農場ワイナリー」が自社の畑のほか、県内で厳選した甘夏みかんで作ったサングリア。果汁に白ワインを合わせ、ブランデーをきかせました。さわやかな香りとみずみずしい風味が魅力の飲みやすいフルーツワインです。
1本720ml
4:「JAあしきた」のあしきた牛
自然の中で健康的な飼料を与えられ、愛情をこめてはぐくまれる、あしきた牛。その自慢は肉質の柔らかさと、きめ細かく美しい霜ふり。ブランド黒毛和牛ならではの、この上なく豊かなうまみと甘みを存分に堪能できます。
200g
昭和6年の創業以来、もろみにこだわりつづけてきた「釜田醸造所」。1年の時間をかけて熟成させたもろみから生まれた、うまくちしょうゆです。ほんのりとした甘さと深いうまみが料理の味わいを抜群に引き立ててくれます。
1本 360ml
柔らかな肉にうまみと甘みを豊かにたたえた黒毛和牛は極上の美味「まさに霜が降りたように美しい」と評される見事な霜ふりが特徴の黒毛和牛〈あしきた牛〉。芦北町が誇るブランド牛です。そのあしきた牛200頭を育てる田浦裕一さん。自然豊かな山中で40年間、牧場を営む田浦さんが育てた牛は品評会でグランドチャンピオンに輝くほどです。「牧草やとうもろこし、わらなど健康的なえさを与え、早朝から夜寝るまで目と手をかけ、愛情を注いで育てることが大切」と田浦さん。こうして育ったあしきた牛は肉の柔らかさと、霜ふりからたっぷりあふれる、こくあるうまみと甘みが絶品です。
牛舎の前に立つ田浦裕一さんと、ともに働く
長男の徹彦さん。
JAあしきた 総合直販課☎0966-82-2272 熊本県葦北郡芦北町佐敷424
8:30~17:00 土・日曜、祝日定休
上のセットで楽しめる!
Aセットで「塩トマトのコンポート」
今回のセットの塩トマトとサングリア、ゆず果汁で「塩トマトのコンポート」も作れます。さらに残ったシロップでゼリーもできるので、どちらもぜひデザートに。
「牛肉は煮すぎると堅くなるので注意し、野菜は水けが出るので様子をみながら追加してください。締めはリゾットがぴったりです」
Bセットで「あしきた牛と塩トマトのすき焼き」極上のあしきた牛のすき焼きを堪能できる、ぜいたくな今回のセット。甘みとうまみが強い希少な塩トマトを牛肉に合わせて、洋風のすき焼きに。柔らかな牛肉のとろけるような滋味を、トマトの甘みと酸味が引き立てて絶品です。
お取り寄せはこちらで!
A:はちべえ塩トマトのコンポートセット3300円B:あしきた牛と塩トマトのすき焼きセット7000円
予約受付期間
3月17日(金)0:00~3月31日(金)23:59
なくなりしだい受付終了

お届け
4月10日(月)より順次発送 「VISIT熊本県〈食〉」はこちら>>
RENGAって何?「RENGA」は、美しい八代海や日本有数の清流・川辺川、球磨川など熊本県南部の自然や文化を大切にしながら、食材作りに取り組むプロフェッショナルによる商品のブランド。名前の由来は熊本の「熊」の字の部首「灬」(連火〈れんが〉)。〈火〉の意味を持つ名を掲げて、火の国・熊本の魅力を南から熱く支え、県南の魅力を全国へ発信します。
「くまなん」とは八代や人吉・球磨、水俣・芦北の熊本県南部。山あり、川あり、海ありの自然豊かなエリアで、食材もとても豊富。熱い思いを持つ生産者たちが、「おいしさ」と「健康」を願って仕事に打ち込んでいます。
熊本在住のくらし予報モニターがレポート『オレンジページ』読者のコミュニティ「オレンジページくらし予報」の熊本在住モニター3人が、今回のプロジェクトに参加。くろさんがレポートをしています。
オレンジページサロンWEBはこちら>>
協力/くまもと県南フードバレー推進協議会 ☎0965-52-1020
撮影/佐山順丸 取材・文/細谷あつ子 料理・スタイリング/古閑元子